カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 治療 >
  5. 拒食症が治るとき

メンタル

拒食症が治るとき

%E6%B2%BB%E3%82%8B5.jpg

■「拒食」が治るときの怖さ


「過食」が治ることは、そのまま自己満足感につながっていくことが多いのですが、「拒食」の場合はそうもいきません。
何しろ、体重が増えるという恐怖に直面しなければならないからです。

拒食症、特に過食をともなわない拒食症の人は、かなり明確にこの時期を通ります。
精神的に安心してくると、それまでは「拒食」へのしがみつきによってあまり感じることのなかった健康な食欲が再び感じられるようになってくるのです。
とても食べたくなり、本人にとってはかなり多い量(「過食」の量とは比べ物になりませんが)を食べるようになります。
これは、多くの患者さんをパニックに陥れます。

■この先の不安


そこでの怖さは、「体重が増えてしまう」ということだけでなく、「この先どうなるのだろう」というところに本質があるように思います。

回復期の人は、基本的には病気を治す必要性もわかり、本質的なレベルでは病気を治すことに同意しています。
その際に、例えば
「これから体重が増えますよ。月に1キロずつ増えていって、10ヶ月で止まります」
と明確にされていれば、それほどの恐怖はないでしょう。
もちろん10キロ増える体重を受け入れなければならないという恐怖は残りますが、見通しが立つということは、不安を大きく滅じるからです。

しかし、実際の回復期には、見通しが決まっているわけではありません。
1キロずつ増やそうとコントロールしようとしても、この時期には飢えへの反応としての過食が起こっているわけですから、その分量を正確にコントロールすることなどできません。

また、食べている最中には「このままどんどん体重が増えていって、ブクブクに太っても止まらないのではないか」という恐怖にさらされ続けます。

■体重増加は止まる


実際には、体重増加は止まります
体重が増加する勢いが弱い人は、ゆっくりと亀のような歩みで標準体重圏に入っていき、自然に収束していきます

一方、体重増加の勢いが強い人は、いったん体重が少し多めになってから、日常生活の中で本来の体重まで下がってきます

後者の方が本人の恐怖感は強くなりますが、全体を早く終えることができ、早く健康な生活に戻ることができます。
これは、中高生など若い患者さんに比較的多く見られるパターンです。

■「恐怖を感じざるを得ない回復期」を乗り越える


いずれにしても、「拒食」が治るときは、「恐怖を感じざるを得ない回復期」を通る必要があります
その経験はだれも代わってあげられないのでお気の毒なのですが、少なくとも

(1)そういう時期があるということをあらかじめ知っておき、自分に何が起こっているかを把握しておく
(2)回復期は、健康に向かう変化であり、終わりがあるということを知っておく
(3)この時期の不安は当然のこととして、周囲にサポートしてもらう

という点を押さえておくことで、いたずらに不安が不安を呼ぶ構造を防ぐことができます。

(Photo by //respiratorytract.wordpress.com/2012/05/29/20120529-%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85%E3%81%A8%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%81%AE%E9%96%A2%E3%82%8F%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E8%80%83%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%BF/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

拒食症と過食症の関係~治療には要素が複雑に絡む!「拒食」と「過食」の要素

摂食障害は大きくいうと、「拒食」の要素と「過食」の要素から成り立っています。拒...

摂食障害はどんなふうに治るか

■弱点の捉え方摂食障害は治る病気です。しかし、「体型や体重を気にせずに何でも食べ...


過食症によく効く薬

  過食でイライラやうつ状態には、カウンセリングだけでは限界があるので、精神安...

拒食の悪循環から抜け出そう

■「安心」を第一の目標に「拒食」は、不安の病であり、不安を和らげていくことがその...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る