カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 牛乳・乳 >
  5. 除去食 >
  6. 牛乳・乳アレルギーで気を付けたい乳製品

アレルギー

牛乳・乳アレルギーで気を付けたい乳製品

 

加工食品には、牛乳を原材料にした乳製品がたくさんあります。

牛乳・乳アレルギーでは、乳製品でも症状が出る場合がほとんどです。気を付けたい乳製品を挙げます。

 

発酵食品もNG

牛乳・乳アレルギーの原因になるタンパク質・カゼインやβラクトグロブリンは、発酵を経ても抗原性は変わりません。

チーズ・ヨーグルト・発酵乳・乳酸菌飲料もアレルギーを起こします。

 

調理に使う乳製品に注意

生クリーム・バター・脱脂粉乳など調理に使う乳製品もアレルゲンになります。

外食でもシチューやクリーム煮、グラタンは避けましょう。

 

 

子どものおやつは代替品を

アイスクリーム・チョコレート・プリンなど、子どもが大好きな甘いものも乳製品です。イチゴにかける練乳にも要注意。

食べられないのは残念ですが、果物のシャーベットやゼリー、乳製品不使用のアレルギー対応食品を活用すれば、おやつも楽しめます。

 

 

うっかり使ってしまいそうな加工品

ホットケーキミックス・カレーのルー・唐揚げ粉にも乳成分が使われているものがあります。

牛乳・乳は、アレルギーの特定原材料として表示が義務付けられています。原材料名を、よく確認してください。

乳成分不使用の商品も出回っているので、そちらを利用しましょう。

 

 

牛肉との関連は不明

乳製品ではありませんが、牛乳アレルギーを持つ人の13~20%は牛肉のアレルギーを発症する可能性があるといわれます。

ハッキリ関連が認められていませんが、心配なら検査を受けてください。

 

 

乳成分を使った加工食品は、身近にあふれています。代替食品を活用して、上手に除去しましょう。

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/18-349127.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

除去食に関する記事

牛乳・乳アレルギーは豆乳・大豆製品で代用

  牛乳・乳アレルギーの代替食で便利なのが、大豆・豆乳です。かなりの乳製品...

牛乳・乳アレルギーでもカルシウムを補給できる食品

  牛乳・乳アレルギーの除去食を行う際、カルシウムをどうやって補給するかと...


牛乳の加工の仕方によって違う!?牛乳を除去する時のポイントは?

    牛乳で食物アレルギーを起こす主なタンパク質成分は、カゼイン、αラクト...

カラダノートひろば

除去食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る