カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 牛乳・乳 >
  5. 注意点 >
  6. 牛乳・乳アレルギーなら避けたいカゼイン・ホエイ

アレルギー

牛乳・乳アレルギーなら避けたいカゼイン・ホエイ

牛乳・乳アレルギーのアレルゲン(原因物質)は、タンパク質のカゼインとβラクトグロブリンです。

 

明らかに乳製品であれば、危険だと解りますが、乳製品以外にこれらのタンパク質が含まれる食品は、うっかり食べてしまうことも。

 

カゼイン

ハム・ソーセージ・ベーコンなど食肉加工品には、肉をしっかり結着させるためにカゼインNa(ナトリウム)を添加することがあります。牛乳や脱脂乳から得たカゼインにアルカリを加えたものなので、注意が必要です。

 

揚げ物の衣、魚の練り物に使われていることもあります。「たんぱく加水分解物」という表示の場合もあり、判断が難しくなっています。大人の牛乳・乳アレルギーでは、ワインの清澄剤として使われているカゼインも要チェックです。

 

症例は多くないといわれますが、症状が重い人は避けましょう。

 

ホエイ(乳清)

ヨーグルトなど分離した上澄みの水分がホエイ(乳清)です。牛乳・乳から乳脂肪やカゼインを除いたものです。この主成分がβラクトグロブリンです。

 

クッキーなど菓子類・ドレッシング・パン等、様々な食品に添加されています。「ホエイパウダー」という表示のものもあります。

 

一般的な食品以外も要注意

疲労回復や筋肉増強、ダイエットを目的としたプロテインドリンクには、カゼインやホエイが多用されています。化粧品の保湿成分、入浴剤にも使われている場合があります。

 

「ホエイ」「カゼイン」などの表記を見落とさないよう、牛乳・乳由来の添加物にはどんなものがあるか、調べておきましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

うっかりミスを避ける!牛乳・乳由来成分に要注意

  牛乳・乳アレルギーでは、食事以外でもアレルゲンを取り込まないよう、注意...

分かりにくいアレルギー物質の食品表示とその詳細

        アレルギー物質には、摂取した場合の重篤度・症例数の多い7品...


アレルギーでも災害時に困らないようにする~備えの必要性~

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、アレルギーを持つ多くの子供たちも...

アレルギー物質の食品表示を読むときの注意点

         食品衛生法の改正で、2002年の4月から、容器包装された加...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る