カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 甲状腺疾患全般 >
  5. 甲状腺の病気はなぜ起こるのか?

気になる病気・症状

甲状腺の病気はなぜ起こるのか?

a1260_000002.jpg

甲状腺の病気はなぜ起こるのか?

 甲状腺の病気がなぜ起こるのか、はっきりとした原因は未だ解明されていません。

しかし、病気の成り立ちから見ると、バセドウ病と橋本病には、明らかに自己免疫がかかわっています。
甲状腺の病気の半数以上は、自己免疫疾患です。

 自己免疫疾患とは?

自分の体に細菌やウイルスなどが進入してきても、これを攻撃・排除して病気にならないように体を守る仕組みが免疫です。
血液や体液中に存在するリンパ球が、おかしなものがあると異物(自分のものではない非自己)であるかどうかを見極め、
異物であれば抗体を作って排除する仕組みなのです。
しかし時には、存在するのが当たり前の自分の細胞や成分を間違って異物とみなし、それに対する抗体をつくってしまうことが
あります。
自分の体の中の細胞や成分に対する抗体を「自己抗体」とよび、認識を間違えて起こる病気を自己免疫疾患といいます。

 自己抗体が甲状腺を攻撃


バセドウ病の場合は、甲状腺細胞にあるTSH受容体に対する自己抗体(TSH受容体抗体、TRAb)ができ、このTRAbがTSH(甲状腺刺激ホルモン)にかわって
甲状腺を刺激し続け、甲状腺ホルモンがどんどん作られてしまいます。
また、橋本病の場合は、甲状腺の細胞が抗原になり、これを攻撃する自己抗体ができます。この自己抗体が甲状腺に慢性の炎症を起こし、
組織を破壊していくため、甲状腺機能低下症になります。

 遺伝は影響する?


このような自己免疫反応には、遺伝とのかかわりも考えられます。
バセドウ病や橋本病は、病気になりやすい体質が遺伝することがありますが、だからといって必ず発病するとは限りません。
甲状腺の病気は、特殊な場合を除いて、原因となる遺伝子がいくつもあると言われています。そこに年齢、環境など複数の要因が重なり合ったときに
発病します。

(photo by //www.ashinari.com/2011/01/19-344825.php  )

著者: くみんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

甲状腺疾患全般に関する記事

甲状腺ホルモン剤と他の病気の薬と飲み合わせを検証

  甲状腺の病気には、ホルモンバランスがくずれる型と、甲状線種という腫れる型があ...

甲状腺の病気を疑うきっかけ

甲状腺の病気を疑うきっかけ■発見しにくい病気でも、気づくきっかけはある甲状腺の病...


原因不明の体調不良は怠け心ではなく、甲状腺異常かも?

「なんとなく体がだるくて朝起きられない」 「ドキドキして落ち着かない」……...

甲状腺ホルモン剤の副作用が腹痛を起こす!

  甲状腺ホルモン剤を継続して服用していると、腹痛や下痢を起こすことがあります。...

カラダノートひろば

甲状腺疾患全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る