カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 牛乳・乳アレルギーで気を付けたい乳製品!成分表示に注意してうっかりミスを避ける!

アレルギー

牛乳・乳アレルギーで気を付けたい乳製品!成分表示に注意してうっかりミスを避ける!

牛乳・乳アレルギーに注意して買い物をする際には、原材料表示をすみずみまでチェックします。その際に「これは乳成分?」と迷ってしまうものを挙げます。

 

乳化剤

水と油のように、合わせても分離するものを均一に混ぜる(乳化させる)ために添加します。調味料・菓子など幅広く使われています。乳化剤は、大豆由来のレシチン・卵黄由来のレシチン・グリセリン脂肪酸エステルなどが主なものです。

 

「乳」の字は入っていますが乳成分という意味ではないので、乳化剤が何由来からかという点をチェックしてください。

 

乳酸菌

乳酸菌というとヨーグルトやチーズを連想しますが、キムチや糠漬けを発酵させているのも乳酸菌です。乳酸菌自体は乳成分はないので、問題ありません。ただし、乳酸菌飲料は乳製品に乳酸菌を加えた飲料なので、アレルギーを起こします。

 

また、乳酸菌を安定させるために乳由来成分を配合しているものもあるので、原材料名を確認してください。

 

乳糖

牛乳・乳アレルギーのアレルゲンは、カゼインやβラクトグロブリンなどのタンパク質です。糖は、アレルゲンではありません。

 

しかし、乳糖の製造過程ではタンパク質がわずかに混入します。そのためアレルギー物質の表示義務があり、「乳糖」と記載があれば、牛乳・乳が使われていることを意味します。

 

乳タンパク質の含有量は乳糖1gあたり数マイクログラム程度で、乳糖で牛乳・乳アレルギーを起こすことはあまりありません。しかし、まれに乳糖でも症状が出る人がいます。

 

紛らわしい成分もありますが、問題ないものと避けた方が良いものを区別できるようにしましょう。

 

牛乳・乳アレルギーと乳糖不耐症の判別ポイント!軽度の乳糖不耐症の下痢対策も

区別が難しい「牛乳・乳アレルギー」と「乳糖不耐症」の違いを挙げます。

 

原因物質と発症のメカニズムが違う

牛乳・乳アレルギー

乳タンパク質のカゼイン・βラクトグロブリンに対して、体内で作られた抗体が過剰に反応してしまう、免疫機能の暴走が原因です。

 

乳糖不耐症

乳糖を分解するラクターゼという酵素が不足することが原因で起こる、消化不良の状態です。

 

乳糖をあらかじめ分解した粉ミルクを飲むと、乳糖不耐症では症状が出ません。

牛乳・乳アレルギーの原因になる乳タンパク質は含まれているので、乳糖不耐症用のミルクでも症状が出るなら、アレルギーだといえます。

 

症状から判断する

じんましん・皮膚の腫れ・呼吸困難・意識障害は、乳糖不耐症には見られず、アレルギー特有の反応です。

乳製品を摂取してこれらの症状が出れば、かなりの確率で牛乳・乳アレルギーでしょう。

 

しかし、腹痛・下痢・嘔吐・胸やけといった症状は、アレルギーでも乳糖不耐症でも表れます。

アレルギーが少しでも疑われる場合は、アレルギーの有無を検査してください。

 

年齢差

乳幼児に発症が多い牛乳・乳アレルギーは、3歳以降に自然治癒するケースが多く、90%以上は治るといわれます。

 

乳糖不耐症は、大人になるとラクターゼの分泌が減少するので、大人でも発症する人が多いのが特徴です。

 

自己判断は危険

どちらの場合も、乳製品の摂取を控えるのが原則です。

少しずつ摂取して耐性を獲得していくという治療法もありますが、自己判断で行うのは危険です。

 

アレルギーかつ、乳糖不耐症という場合もあります。

どちらも受診をお勧めします。

 

軽度の乳糖不耐症の方へ、お手軽な下痢対策

牛乳を飲むとなぜかお腹がゴロゴロ…と調子が悪くなり、下痢をしてしまう方のお話は良く耳にします。

 

この症状は、牛乳に含まれている「乳糖」という糖質が、「カタラーゼ」という乳糖分解酵素によって十分に分解されず、大腸で乳酸へと姿を変えた乳糖が腸管内を刺激し、下痢を引き起こしてしまう症状です。

 

これを「乳糖不耐症」と言うわけですが、今回はこの症状を改善する方法の中でも、比較的軽度の方向けの、お手軽で代替食品を使うことなしに出来る方法をご紹介したいと思います。

 

その調理方法とは?

方法はいたってシンプルです。

「牛乳を加熱して出来る膜を除去して、乳糖含有量の少ないものを摂取しよう!」というものです。

 

牛乳を過熱した際に、表面上に張る膜部分のたんぱく質を、ホエーといいます。

牛乳には2種類のたんぱく質が存在し、80%をカゼインが、20%をホエーが占めています。

カゼインは酸で固まりますが、ホエーは加熱することによって固まります。

 

この固まったホエーには、ある程度の量の乳糖が含まれているので、これを除去してしまうことで、乳糖の摂取量を減らせるというわけです。

 

具体的な調理方法

鍋に牛乳を適量入れ、60℃以上を目安に膜が完全に張るまでじっくり加熱する。

(60℃以上になると膜状にたんぱく質が凝固し始めます)と、これだけです。

あとは、粗熱を取って、膜を除去し、普通の牛乳と同じように摂取するだけです。

 

合わせて知っておきたい、牛乳の飲み方

牛乳の飲み方として合わせて知っておきたい、下痢を引き起こしにくい飲み方があります。

 

・人肌程度(36℃程度)の温度に調節してから飲む

・数回に分けて飲む

 

というものです。

 

人肌程度の温度なら、胃腸に刺激を与えず、また乳糖分解酵素も活性化します。

数回に分けて飲むことは、少量づつの乳糖を既存のカタラーゼ量で都度分解して消化することが出来ます。

 

このように、牛乳の加熱による膜の除去と、飲み方のちょっとした工夫が下痢を防ぐ助けとなってくれます。

下痢でお悩みの方、ぜひ試されてみてはいかがでしょうか?

 

牛乳・乳アレルギーなら避けたいカゼイン・ホエイ

牛乳・乳アレルギーのアレルゲン(原因物質)は、タンパク質のカゼインとβラクトグロブリンです。

 

明らかに乳製品であれば、危険だと解りますが、乳製品以外にこれらのタンパク質が含まれる食品は、うっかり食べてしまうことも。

 

カゼイン

ハム・ソーセージ・ベーコンなど食肉加工品には、肉をしっかり結着させるためにカゼインNa(ナトリウム)を添加することがあります。牛乳や脱脂乳から得たカゼインにアルカリを加えたものなので、注意が必要です。

 

揚げ物の衣、魚の練り物に使われていることもあります。「たんぱく加水分解物」という表示の場合もあり、判断が難しくなっています。大人の牛乳・乳アレルギーでは、ワインの清澄剤として使われているカゼインも要チェックです。

 

症例は多くないといわれますが、症状が重い人は避けましょう。

 

ホエイ(乳清)

ヨーグルトなど分離した上澄みの水分がホエイ(乳清)です。牛乳・乳から乳脂肪やカゼインを除いたものです。この主成分がβラクトグロブリンです。

 

クッキーなど菓子類・ドレッシング・パン等、様々な食品に添加されています。「ホエイパウダー」という表示のものもあります。

 

一般的な食品以外も要注意

疲労回復や筋肉増強、ダイエットを目的としたプロテインドリンクには、カゼインやホエイが多用されています。化粧品の保湿成分、入浴剤にも使われている場合があります。

 

「ホエイ」「カゼイン」などの表記を見落とさないよう、牛乳・乳由来の添加物にはどんなものがあるか、調べておきましょう。

 

うっかりミスを避ける!牛乳・乳由来成分に要注意

牛乳・乳アレルギーでは、食事以外でもアレルゲンを取り込まないよう、注意が必要です。

 

サプリメント・栄養食品

乳成分を使用したサプリメントがあります。多いのは、栄養価が高い初乳からタンパク質を取り出して配合した健康・美容に良いというサプリメントです。

牛乳由来の成分を加えたカルシウム剤も広く売られています。乳成分を原材料に含む、カルシウム強化米にも注意が必要です。

明らかに牛乳・乳成分が配合されているようなサプリメント・栄養食品ではなくても、原材料をチェックすると、乳成分が記載されていることがあります。

子どものおやつでも「カルシウム強化」などとうたわれている商品は、カルシウムが乳成分由来ではないか調べてください。

 

衛生・美容用品にも乳成分

ボディーソープ・石鹸・シャンプーには、保湿のために乳成分を配合しているものがあります。ごく軽い牛乳・乳アレルギーなら、問題なく使えるケースも少なくありません。

しかし、重度のアレルギーなら避けた方が安心です。体に使うものでも、口や鼻から体内に入る可能性があります。医師に相談すると良いでしょう。

いつも肌に湿疹ができる、痒みがあるという場合は、使っている石鹸などの成分を見てみましょう。

保湿パック・入浴剤・肌クリームにも、乳成分配合の商品が少なくありません。

肌トラブルの原因にもなりかねませんので、どうも合わないなと感じたら、使用をやめてください。

身の回りには牛乳・乳成分を含むものが、たくさんあります。

買い物をする時は、何でも原材料・成分表示を確かめてください。

 

牛乳・乳アレルギーで気を付けたい乳製品

加工食品には、牛乳を原材料にした乳製品がたくさんあります。

牛乳・乳アレルギーでは、乳製品でも症状が出る場合がほとんどです。気を付けたい乳製品を挙げます。

 

発酵食品もNG

牛乳・乳アレルギーの原因になるタンパク質・カゼインやβラクトグロブリンは、発酵を経ても抗原性は変わりません。

チーズ・ヨーグルト・発酵乳・乳酸菌飲料もアレルギーを起こします。

 

調理に使う乳製品に注意

生クリーム・バター・脱脂粉乳など調理に使う乳製品もアレルゲンになります。

外食でもシチューやクリーム煮、グラタンは避けましょう。

 

子どものおやつは代替品を

アイスクリーム・チョコレート・プリンなど、子どもが大好きな甘いものも乳製品です。イチゴにかける練乳にも要注意。

食べられないのは残念ですが、果物のシャーベットやゼリー、乳製品不使用のアレルギー対応食品を活用すれば、おやつも楽しめます。

 

うっかり使ってしまいそうな加工品

ホットケーキミックス・カレーのルー・唐揚げ粉にも乳成分が使われているものがあります。

牛乳・乳は、アレルギーの特定原材料として表示が義務付けられています。原材料名を、よく確認してください。

乳成分不使用の商品も出回っているので、そちらを利用しましょう。

 

牛肉との関連は不明

乳製品ではありませんが、牛乳アレルギーを持つ人の13~20%は牛肉のアレルギーを発症する可能性があるといわれます。

ハッキリ関連が認められていませんが、心配なら検査を受けてください。

 

乳成分を使った加工食品は、身近にあふれています。代替食品を活用して、上手に除去しましょう。

 

分かりにくいアレルギー物質の食品表示とその詳細

アレルギー物質には、摂取した場合の重篤度・症例数の多い7品目(特定原材料)の表示が省令で義務付けられています。

また、過去に一定の頻度で健康被害が見られた18品目(特定原材料に準ずるもの)についても通知により表示が推奨されています。

 

しかし、それらの25品目に関連する食品表示の中には、かなり分かりにくい表示のものが多く存在することも確かです。

 

牛乳・乳製品関連と、間違いやすい食品表示

・カゼイン

牛乳の主なアレルゲン蛋白質のひとつです。熱処理では凝固しにくいですが酸で固まります。

 

・ラクトグロブリン

牛乳の主なアレルゲンタンパク質のひとつです。カゼインに比べ酸処理に耐性を示しますが、加熱処理には弱いとされています。

 

・ホエー(ホエイ)(乳清)

牛乳に含まれるタンパク質で、牛乳から乳脂肪やカゼインを除いた水溶液です。酸で固めたときに残る液体成分(生乳)のことを言います。

 

・乳酸菌

食べ物を発酵して乳酸を作り出す細菌の名前を言います。牛乳とは直接関係なく、牛乳アレルギーの方も摂取可能です。

しかし、乳酸菌で発酵した乳は原材料が乳であるため、牛乳アレルギーの方は摂取できません。

 

・乳糖(ラクトース)

牛乳中に存在するガラクトーストグルコースが結合した二糖類です。

稀ではありますが、牛乳アレルギー患者でアレルギー症状を起こすことがあります。

乳糖1g中に牛乳タンパク質が4~8?混じっています。

「乳」の特定加工食品として認められていますが、乳糖自体はそれほど多く含まれるものではありませんのでほとんどの牛乳アレルギーの方は摂取が可能だと言われています。

 

・乳化剤

混ざりにくい2つ以上の液体(例えば水と油)を乳液状またはクリーム状にするための添加物です。

黄卵あるいは大豆のレシチンや牛脂から作られます。科学的に合成されることもあります。

牛乳から作られるものではないので、牛乳アレルギーの方でも摂取できます。

 

・乳酸カルシウム

化学物質であり「乳」とは関係ありません。

 

・カカオバター

カカオ豆をローストした後、すりつぶして作られるカカオマスを圧搾して取った脂肪分です。

バターという単語が含まれていますが「乳」とは関係ありません。

 

「乳」という文字が入っていても直接乳アレルギーとは関係のないもの、あるいは知らないうちにアレルゲンとなっている場合もあるので、食品表示を目にした際は注意が必要です。

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食物アレルギーに関する記事

えびアレルギー…生えびだけアレルギーが出る場合は?気をつけたい心がけや注意喚起表示など

えびアレルギーの中でも、生のえびを食べた時だけ症状が出るという人がいます。 ...

えびでアナフィラキシーを起こしたら…準備が肝心!エピペン使用のタイミング 突然の発症へのシュミレーション

えびアレルギーでは、激しい症状がでるアナフィラキシーショックに至るケースも多...


除去食と代替食の違いって?食物アレルギーへの耐性をつけるには?除去のポイントは?

食物アレルギーの治療の基本となっているのが除去食です。 原因となる食物を取...

食物アレルギー、小麦!小麦を除去した食事法と生活のポイント・代用食品

小麦アレルギーは、アレルゲンを摂取した後に運動をするとアナフィラキシーショッ...

カラダノートひろば

食物アレルギーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る