カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. デリケートゾーン >
  4. 女性のデリケートゾーンのお手入れ方法

女性のカラダの悩み

女性のデリケートゾーンのお手入れ方法

 

全身脱毛などがエステサロンで行われるようになり、女性はますます毛の処理に敏感になってきています。

しかし脇や腕、足の毛などはきれいに処理されていますが、デリケートゾーンの毛の処理はみなさんどうしているのでしょうか?

脱毛エステなどでは、IラインやVライン、Oラインなど、デリケートゾーンの脱毛も行っているようですが、「脱毛エステに行ってまで行うほどでは…。」という人も多いと思います。

それでは自宅で自分で行える、女性のデリケートゾーンのお手入れ方法とはどんなものなのでしょうか。

 

 

清潔に保つ

女性のデリケートゾーンのお手入れで一番大切なのは、やはり清潔にするということです。

女性は男性と違って生理がありますので、においなども気になります。

生理中はこまめにナプキンを変えるなどして、清潔に保つようにしましょう。

トイレのウォシュレットを利用するのもいいですね。

そして入浴時には低刺激の石鹸やボディーソープで丁寧にやさしく洗うようにしましょう

 

 

アンダーヘアーの処理

アンダーヘアーの処理は、夏の水着姿などでは大変頭を悩ませるところです。

カットすると毛が濃くなると言われていますが、これはカットした断面により毛が固くなっているように感じるだけで、毛の量が増えたり濃くなったりすることはありません。

それよりも全くお手入れをしないで放置しておくよりは、ある程度定期的にカットして長さを整えたり、生えている範囲を狭くするためにカミソリ等で剃ったりしたほうが、衛生的にも良いと思われます。

日本人など東洋の人はどちらかというと、アンダーヘアーは処理せずにそのままという人が多いですが、西洋や欧米などではカットしたり剃ったりと処理するのは当たり前で、一本も残さず剃ってしまう人も多いようです。

それは清潔に保つためであり、日本人も見えない部分だからと手を抜かずに、アンダーヘアーのお手入れも意識して行うようにするべきなのではないでしょうか。

 

 

見える部分の顔や髪、そして体のお手入れ同様、見えない部分のデリケートゾーンのお手入れも意識して行えるようにしましょう。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/201230photo331post-2160.html])

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

デリケートゾーン に関する記事

意外と知らない、トイレでの「拭き方」

トイレで用を足した後、どのように拭いていますか? じつは、トイレでの拭き方には...

洗いすぎには要注意!デリケートゾーンの洗い方って?

においやムレなどが気になるデリケートゾーン。 洗う際にはどんなことに気を付けた...


女性のデリケートゾーンのかゆみは病気かも!?可能性の高い病気2つ

  女性はデリケートゾーンの悩みを多く抱えていますが、それを他人に相談したり、...

一体何?陰部にできたおでき?!がんなどの重い病気である可能性も…

陰部は粘膜や分泌腺、排泄器官があったり、さまざまな刺激を受けやすく、細菌やウイル...

カラダノートひろば

デリケートゾーン の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る