カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 運動療法 >
  5. 運動って大事!高脂血症治療に有酸素運動がおすすめの理由3つ!

生活習慣病

運動って大事!高脂血症治療に有酸素運動がおすすめの理由3つ!

 

質異常症(高脂血症)改善のための運動と言えば有酸素運動です。
運動には無酸素運動と有酸素運動がありますが、脂質異常症(高脂血症)の改善を始めとした生活習慣病の予防や治療には有酸素運動が勧められることがほとんどです。
その理由を明らかにしていきます。

 

●有酸素運動は持続する運動
無酸素運動は一気に力を入れるタイプの運動です。
例えば重いものを持ち上げるときには手にグッと力を入れます。
瞬発的な力の入れ方が無酸素運動の特徴ですが、有酸素運動は持続する運動です。
一気に自分の限界まで力を入れるのではなく、少しきついくらいの運動を長く続けます。

 

●持続的な運動は血液循環をよくする
有酸素運動がさまざまな生活習慣病予防に効くと言われている最大の理由は『血液循環をよくする』ことにあります。
血液の循環がよくなると代謝がよくなります。
代謝がよくなると何もしていなくても使われるエネルギーが多くなります。
そのエネルギー源となるのが中性脂肪で、代謝がよければ中性脂肪値も下がっていきます。

 

●過度に血圧が上がる心配もない
有酸素運動は無理さえしなければ血圧が下がる運動とも言われており、高血圧の方にもお勧めです。
脂質異常症(高脂血症)の方の場合は糖尿病、高血圧の可能性を持つ方も多いので、総合的な対処法として有酸素運動を取り入れるのもよいでしょう。

 

有酸素運動は血液循環をよくし、中性脂肪値を下げてくれます。
無理のない程度に運動習慣をつけていきましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/02/01-356550.php) 

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動療法に関する記事

ワーキングが良い?高脂血症に対する運動療法について

  高脂血症になると動脈硬化を引き起こし、放置すれば脳梗塞や狭心症といった...

高脂血症のオススメ運動療法

高脂血症と診断されても、運動をしていなかった人が急に運動を始めるというのはな...


脂質異常症(高脂血症)治療で運動が禁忌となる場合

  脂質異常症(高脂血症)の基本的な治療法は食事療法と運動療法です。それで効果が...

1週間の運動量はメッツ×時間で計算?高脂血症の運動療法とは

  厚生労働省では、「エクササイズガイド2006」を策定し、一週間にどのく...

カラダノートひろば

運動療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る