カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 肩こり >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. 力が入りっぱなしが原因だった?肩コリ解消のためのストレッチ

関節痛・腰痛

力が入りっぱなしが原因だった?肩コリ解消のためのストレッチ

 

 

 肩コリになりやすい人にはある特徴があります。

 

それは“力が入りやすい”ということです。

 

 特に気をつけたいのが、1:顎を噛みしめてる2:手をにぎりしめている、の二つです。

肩が土台となってしっかりと支えてくれるから顎も手も動かすことができます。

つまり、顎や手に力が入りっぱなしという事は肩にも常に力が入っているということです!

 

 

 歯を離す!

噛みしめるのを予防するためにマウスピースを付けている人も多いかと思います。

ですが、マウスピースをしたままお出かけや仕事は不便ですよね?

 

そんな時にお勧めなのは“歯を離すと書いた紙を、PCや台所などの自分が噛みしめてしまう場所に貼る事です。

 

自然な状態にしていると、本来ならば上の歯と下の歯は離れています

グッと噛みしめていなくても、上下の歯が当たっているなら力が入っているということです。

 

ふと目に付くところに“歯を離す”と書いておけば、意識する頃が多くなり噛みしめ予防になります。

単純ですが、効果は抜群です!

 

 

手指のストレッチ

 ペン圧が高かったり、マウスを持つ手につい力が入ってしまう、そんな人にお勧めなのが手指のストレッチです。

 

○指を一本ずつ手の甲側に30秒反らします。

 

○これを10本やって、最後に手首全体を反らします。

 

このストレッチは場所は取らずに手軽に出来るのでお勧めです。

デスクワークや家事で手を使う人には腱鞘炎の予防にもなります。

 

 

 まとめ

無意識に力は入ってしまうものです。

だから、意識に上るように紙に書いて貼る!これだけで肩コリや頭痛の予防にもなります。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/02/06-357375.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

肩こりに効果的なのは全体を動かすスポーツ!

   運動不足が原因で肩コリになっている人は多いですね。   運動しな...

東洋医学の観点から見た肩コリを知ろう!~風寒による肩コリ~

     日本では肩コリに対して鍼灸治療が一般的に行われています。 整骨院...


簡単胸ストレッチ!背筋を伸ばして肩こり解消!

     “肩コリが辛いから肩のストレッチを一生懸命やっているのに効果が出な...

梅雨時期の関節痛!症状を緩和するのはどうしたら良いの?

  桜が咲き、春の風がさわやかに感じられるこいのぼりの時期が過ぎて、春から...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る