カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 周囲 >
  5. 周りに妊婦さんがいたら、あなたはどうしますか?

>>妊婦の検索結果に戻る

妊娠・出産

周りに妊婦さんがいたら、あなたはどうしますか?

 

周りに妊婦キーホルダーをつけている人がいた時、あなたはどうしますか?

また、自分の身の回りに妊婦さんがいたら、どのような気遣いをしてあげますか?

妊婦さんの身体の中では、これから出産する赤ちゃんを育て産むために、目まぐるしい変化が起きています。

妊娠は病気ではありませんが、周りの人が理解をし、協力してあげることが大切です。

 

妊婦さんのしてはいけないこと

 

・重たいものは持ってはダメ

妊婦さんが重たいものを持つと、流産や早産の危険性があります。

特に「よっこらしょ」と持ち上げるような荷物は、腹筋に力が入り危険です。

妊婦さんに重たいものを持たせるのはやめましょう。

 

・高いところのものを取ってはダメ

高いところのものを取ろうとすると、常位胎盤早期剥離の危険性があります。

また、お腹が重たくなってくるとバランスも悪くなり安定感もなくなるので、高いところでの作業は危険です。

ストレッチ程度の伸びは問題ありませんが、妊婦さんに高いところの物を取らせるのはやめましょう。

 

・長時間の立ちっぱなしはダメ

長時間立ち続けることも流産や早産の可能性があり危険です。

また、重たいお腹を抱えた状態で長時間立っていることは、膝や腰にも負担がかかります。

立食パーティでは特別にイスを用意し、電車の中では席を譲ってあげましょう。

 

・ストレスを与えない

妊婦さんによって、妊娠時期の症状は様々です。妊婦さんに質問された時以外には、自分や周りの人の経験談と比べて話をするのは控えましょう。

ただでさえ妊娠中はデリケートになりがちで、心配事が増えます。悪阻で苦しんでいる妊婦さんに「赤ちゃんのために、ちゃんと食べた方がいいわよ」や、「太ってきたわね」「お腹が大きいね(小さいね)」など、親切心でのアドバイスも、妊婦さんにとっては心配事が増えるだけになってしまうケースが多いです。

胎教にもストレスが1番良くないとされていますので、体型のことや体験談などは言わないように注意しましょう。

 

妊娠中は、ホルモンバランスが崩れ、情緒不安定になりやすくなります。

周囲の人が理解をして、支えてあげることで、妊婦さんも辛い悪阻や不安を乗り越えることができるのです。

 

 

 

(イラスト: by //www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_7894.html)

 

著者: moubaa02さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

周囲に関する記事

妊娠報告は要注意!?タイミングとマナーを考えよう!

妊娠がわかったとき、悩んでしまうのが周囲への報告ですね。 タイミングを間違...

仕事をしながらの妊娠生活…職場環境で注意すること

仕事しながら妊娠生活を送るのは大変ですが、良い面もたくさんあります。 また...

周囲の体験談

妊娠初期に祖母の死

※ここではネガティブな内容が中心です。ご了承下さい。 写真は祖母が亡くなった頃に撮った写真です。 ...

ネットの情報はほどほどに。

インターネット。 今まではとても便利に使ってました。分からないことがあればネットで調べる、こう...

カラダノートひろば

周囲の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る