カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. 疾患・薬の副作用 >
  6. うつ病になったら~知っておきたい抗うつ薬の種類~

メンタル

うつ病になったら~知っておきたい抗うつ薬の種類~

 

 

うつ病に用いられる薬は、現代病となった現在ではとても薬の技術は進歩しています。環境を変えたり、意欲を無理にあげるようなことをしなくても、脳内の神経伝達物質を活発にさせる成分の入ったものが多くなりました。この薬剤は「抗うつ薬」と呼ばれ、脳のセロトニンに働きかけるものと、バランスを保つようにする成分が含まれています。うつ病の多くは、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが不足した状態で起こるため、セロトニンの分泌量を増やし、その流れを円滑にすることで治療をしていくのです。

 

では、実際にどのような種類があるのでしょうか。

 

・三環系抗うつ薬

これは、1950年代に発売された抗うつ薬です。神経細胞に働きかけて脳内のセロトニンやノルアドレナリンを活発にさせる働きをもっています。

副作用は口の乾きや便秘が起こり、排尿にも支障がでます。

 

・四環系抗うつ薬

この抗うつ薬は第二世代抗うつ薬とも呼ばれ、ノルアドレナリンの分泌を活性化させ、バランス良く保てるようになります。副作用はほとんどありませんが、三環系抗うつ薬に比べると効果があまりないとも考えられています。

 

・抗不安薬

精神を安定させるための鎮静作用のある精神安定剤の一種です。即効性がありうつ病以外にも用いられるのですが、依存性が高いと考えられています。

 

・SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

脳内で生成されたセロトニンを正しい場所に伝達し、間違った場所へ吸収されてしまわないようにする薬です。

 

・SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

SSRIの次世代抗うつ薬として発売されているものです。SNRIは意欲の減退を抑え、ノルアドレナリンをバランスよく保ちます。副作用はあまりありません。

 

 

副作用は個人差があります。

多くの場合、こういった抗うつ薬と同時に睡眠導入剤が処方されるのですが、女性においてはまれにその睡眠導入剤によって、記憶のないまま過食になってしまったりするケースもあるようです。記憶がなく食べてしまっていると、恥ずかしくてなかなか言えないということもあると思いますが、そういった症状は必ず医師に相談し薬を変えるなど直ぐに相談するようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/201344photo127post-2695.html])

著者: lulaさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

疾患・薬の副作用に関する記事

あなたはどんな症状ですか?うつ病で起こりうる精神的・身体的症状の例

    精神疾患には心因的なもの、外因的なもの、内因的なものというように...

女性ホルモンとうつ病の関係

        以前より、女性ホルモンの低下がうつ病と大きく関係しているのでは...


インターフェロンの副作用とうつ病の関係

    インターフェロンといえば、C型肝炎や肝癌などの治療に用いられる薬ですが...

原因不明の慢性的な痛み、その裏に隠れるココロの病気とは

    自律神経障害の中に、「不定愁訴」というのがあります。これはうつ病の場合...

カラダノートひろば

疾患・薬の副作用の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る