カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 特定保健指導 >
  5. メタボ数値ってなに?特定保健指導と指導対象の例

健康診断・健康管理

メタボ数値ってなに?特定保健指導と指導対象の例


40歳以上75歳未満の保険に加入している方と、その扶養家族を対象として、メタボリックシンドロームの予防と解消に重点を置き、生活習慣病予防のための健康診断を「特定健康診査(特定健診)」、その健診結果による指導を「特定保健指導」といいます。

 

既にもう、自分の会社で特定健康診査を受けている方もたくさんいらっしゃると思いますが、具体的にいったいどのぐらいのデータで指導対象になるの?……と疑問に思っているのではないでしょうか?

 

そこで今回は、具体的に特定保健指導に該当するまでの細かい過程についてご説明します。

 

 


 

 ステップ1)

まず、腹囲とBMIで内臓脂肪蓄積のリスクを判定します。

 

●腹囲 男性85cm以上、女性90cm以上→(1)へ

●腹囲 男性85cm未満、女性90cm未満、かつBMIが25以上→(2)へ

 (*BMI=体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m))

 


 

ステップ2)

検査結果、質問表より追加リスクをカウントします。

●①~③はメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の判定項目、④はその他の関連リスクとし、④の喫煙暦については①~③のリスクが1つ以上の場合にのみカウントします。

 

①血糖

a.空腹時血糖 100mg/dl以上 または

b.HbA1c(NGSP値)の場合 5.6%以上

 

②脂質

a.中性脂肪  150mg/dl以上 または

b.HDLコレステロール 40mg/dl未満

 

③血圧 

a.収縮期   130mmHg以上 または

b.拡張期   85mmHg以上

 

④問診表  喫煙暦あり

 

 


 

ステップ3)

ステップ1,2から保健指導レベルグループ分けします。

 

(1)の場合

①~④のリスクのうち追加リスクが

 2以上の対象者は→→→積極的支援レベル

 1の対象者は →→→動機付け支援レベル

 0の対象者は→→→情報提供レベル

 

(2)の場合

①~④のリスクのうち追加リスクが

 3以上の対象者は→→→積極的支援レベル

 1または2の対象者は→動機付け支援レベル

 0の対象者は→→→情報提供レベル

 


 

ステップ4)

以下の条件を踏まえて、保健指導レベルを確定します。

 

◎前期高齢者(65歳以上75歳未満)は、積極的支援となった場合でも動機付け支援とします。

◎服薬中の人は医療保険者による特定保健指導の対象者にしません。

 


 

 

上記のようにかなり細かく選別され、特定保健指導が必要かどうかが決まるわけです。
日頃から生活習慣に気を配ることはもちろんですが、もし指導対象になってしまった場合は、次回の検診で再度指導対象にならないよう、今後のライフスタイルを見直していきましょう。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/07/19-365675.php?category=254)

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

特定保健指導に関する記事

定期健康診断でメタボ発覚!特定保健指導を受けるのはどんな人?

    特定保健指導とは、定期健康診断でメタボリックシンドロームである、また...

検診を受けたら…特定保健指導と言われるかも?!対象となる人について

  特定保健指導についてご紹介する前に、まずはじめに、この特定保健指導と密...


特定保健指導とは一体何?受ける上での心構えと大切なこと

  まずはじめに、特定保健指導とは生活習慣病を未然に防いだり、また生活習慣...

特定保健指導とは?

最近、「メタボ検診」なる言葉を良く耳にします。このメタボ検診は、正式名を「特...

カラダノートひろば

特定保健指導の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る