カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性関節症 >
  4. 原因 >
  5. 梅雨になるとどうして膝が痛むの?その対処法って?

関節痛・腰痛

梅雨になるとどうして膝が痛むの?その対処法って?

梅雨になると膝が痛くて・・・と悩んでいらっしゃいませんか?

 

雨の日に関節が痛むことは、古くから知られていて『天気痛』『気象病』と呼ばれていました。他にも”古傷が痛む”とか”偏頭痛が激しくなる”など、昔から天気は身体にいいも悪いも影響を及ぼすと言われていました。

 

そもそも、何故梅雨の時期に膝などの関節が痛むのでしょうか?

 

なぜこのようなことが起こるのか?

雨の日は気圧が下がります。すると体内でヒスタミンが増加し、このヒスタミンにより自律神経のバランスが乱れ、全身の倦怠感が発生します。その為痛みを感じるのです。

 

このヒスタミンが関節の痛みを助長します。また自律神経が乱れているため、

痛みを普段よりも強く感じてしまう事があります。

 

痛みに関して言えば、湿度や気圧の影響を受けやすいと言えるのです。他にも、頭痛や倦怠感など、感じ方は人によって様々ですが、天気によって身体が何らかの不調を感じるのは確かです。

 

『天気痛』『気象病』の対処法

特に梅雨時期は、雨が長く続くので、痛みを毎日感じるのは辛いものです。対処法を知って、少しでも痛みを和らげましょう。

 

まず、痛みの原因ヒスタミンを出すために、血行を良くしなくてはなりません。血行を良くするためには、運動が一番ですが、自律神経の乱れからの倦怠感によって運動をできる気分にならないのが現実です。そもそも天気が悪いので外には出れません。

 

そんな時はゆっくりとお風呂につかりましょう。血行もよくなりリフレッシュできます。気分を良くするためにも、柑橘系の香りのオイルなどを入れたお風呂につかると更に効果的です。ビタミンCは自律神経のバランスを整えます。柑橘系の果物や野菜を食べるのもよいでしょう。 

(Photo by: //lovefreephoto.jp/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

知って予防!変形性関節症の原因と好発部位の関係

  変形性関節症は、関節がある場所ならどこにでも起こりうる疾患です。変形性...

O脚やX脚は下半身の変形性関節症を招く?その原因と改善法

  変形性関節症のうち股関節・膝・足首など下半身に発症するものは、O脚やX...


その変形性関節症、職業病ではありませんか?

  変形性関節症は、何らかの原因で軟骨がすり減るなどして関節が変形する疾患...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る