カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. ヘルニア >
  4. 対処法 >
  5. 椎間板ヘルニア手術の前の保存療法とは?

関節痛・腰痛

椎間板ヘルニア手術の前の保存療法とは?

 

 激痛が走り、歩くのもままならなくなってしまう、椎間板ヘルニア。

あまりの痛さに、手術になってしまうのではないか?と不安に思う方も多いはず。

しかし、大半のヘルニアは手術をせずに痛みが緩和していくと言われています。

では手術をしないで、どうやって治療していくのでしょうか。

 

椎間板ヘルニア手術の前に

 

椎間板ヘルニアを発症すると、すぐに手術と考えがちですが、まずは保存療法です。
保存療法では、80%~90%の割合で症状が改善されます。

 

では保存療法とは??

 

『痛みの強い時期は・・・』

まず炎症を抑えるための処置をし、鎮痛剤や筋弛緩剤を服用によって痛みを軽減させます。
直接患部へ注射する場合もあります(ブロック注射)。

このブロック注射は、神経の伝達路に直接局所麻酔剤を投入し、痛みの伝達や筋肉の緊張を緩めるものです。

一回の投与で、人によっては数時間の効き目があります。その後コルセットなどで正しい腰の状態を固定します。

処置後、安静にするというのが一般的な方法です。

 

 『痛みが緩和し始めたら・・・』

 

ある程度の傷みが消えてきたら、温熱療法や低周波治療、ストレッチ等を行います。

クリニックによって、使用している機械は様々ですが、温める事で血行を促進したり、筋肉の働きを促すという治療を開始します

 

この時期にコルセットを長期的に装着していてはいけません。

コルセットは筋肉の補助的役割なので、補助をずっとつけていると、本当の筋肉が弱くなってしまうからです。

「筋肉を鍛える(無理な方法は禁物)・太っている方は体重を落とす・身体のストレッチで柔軟性を高める」が重要な課題となってきます。

 

 『痛みがなかなか緩和しない・・・』

だいたいの痛みはここまでの治療に寄り緩和されることが多いのですが、症状がまだ緩和されていない場合は、牽引療法を行う所が多いようです。
(牽引療法とは、骨盤ベルとをかけて引っ張る方法です。骨と骨につぶされて神経を圧迫している状態を少しでも緩和させるためですが、長期的な治療には不向きです。)

 

以上を読んでみてどうですか。

椎間板ヘルニアは、自分の力で治療することが可能なのです。

まずは自分の生活を見直し、無理なく身体を鍛える事が治療の第一歩です。

ただし身体の状態にもよりますので、専門医の方と相談しながら少しずつ進めて行かれるといいと思います 。

 

 

(イラスト: by //seitai-manga.com/illust-free/illust-yotsu/illust-yotsu-03-web-k)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

アロマの香りでヘルニアの慢性的な痛みを緩和できる!?

  関節痛や腰痛はもちろんのこと、癌や術後など痛みの緩和は患者さんにとって...

椎間板ヘルニアは放置して治る場合がある?最良の治療法とは

椎間板ヘルニアの治療の実際について 『椎間板ヘルニア』と聞くと、腰痛の末期症状...


姿勢改善で腰痛・関節痛の痛みとはさようなら

    体のゆがみや傾きによって、関節・腰には相当な負担がかかります。特に長年...

ヘルニアで眠れない…どうすれば快眠できる?

ヘルニアの痛みで寝れない! 腰椎ヘルニアの方は寝るのさえつらいという方が多...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る