カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 数値記録 >
  4. お通じ記録 >
  5. あなたの便秘対策、間違ってるかも!?正しい改善方法を知っておなかスッキリ!

健康診断・健康管理

あなたの便秘対策、間違ってるかも!?正しい改善方法を知っておなかスッキリ!

毎日お通じがないとすっきりしない。だから、便秘対策のために、自分はこんなことをしています。それなのに中々便秘が治らなくて困っている……。そんな悩みを良く耳にします。ですが、具体的な話をきいてみると、それは違うだろうというケースが以外に多いのです。

間違った知識で便秘の対策をしようとすると、逆に便秘を悪化させかねません。貴方の中の常識も、本当は間違ってはいないでしょうか。

 

便秘対策の間違った知識 

◎便が出ない……だから食べない。

良く、ダイエットをすると便秘になりやすいといいます。それは単に食事の量を減らす事で食物繊維などの摂取量が減り、便そのものの量が減るからです。

 

そして当然ながら、食事をしなくなるので、大腸が便を排泄しようとする機能も低下します。ですから、食べないのは便秘対策としては逆効果なのです。

昔ながらの和食や野菜中心の食生活をすれば、自然に食物繊維も摂れ、便の量も増えるのでお勧めです。

 

◎便をやわらかくするのためには水分が必要だから、緑茶やコーヒーをすすんで飲んでいる。

確かに、便を排泄しやすい柔らかい状態にするには、水分は大切です。そしてコーヒーには軽い緩下作用があるともされています。ですが、コーヒーや緑茶には利尿作用と言って、尿量を多くする作用もあるのです。

そのため、本来は便に必要な水分までも尿として排泄されてしまい、逆に便が硬く小さいコロコロとしたものになりがちです。

 

緑茶が好き、コーヒーが好きという方も多いかとは思いますが、何事も飲みすぎは良くありません。ましてや便秘改善のためというなら逆効果です。

出来るだけノンカフェインの飲料水やミネラルウォーターで水分補給をすることがお勧めです。

 

◎毎日排便するために、便秘の治療薬を毎日服用している。

毎日排便がないことを便秘だと思い込み、排便するために、センナなどの刺激性の下剤を服用しつづけていませんか?実は、これこそ最大の間違いです。

 

緩下剤を服用し続けることで、徐々に薬の効果が少なくなります。すると薬の量が増えて、腹痛までしだします。確かに強い便意(腹痛)で排便をすると、スッキリとした感覚はあるかもしれません。

 

ですが、この間違った治療法を続けると、腸の組織が徐々に異変を起し、行く末は大腸がんなどの重篤な病気に陥ったりしますので要注意です。

通常は生活習慣の改善や腸内細菌のバランスを保つことで十分に改善します。

 

要するに、便秘に至る原因を知り、その原因を排除したり、原因に対応する事で腸の機能を正常に戻していくことが必要なのです。

下剤に頼り続ける事は決してよい事ではありません。

 

便秘治療を考える場合は、まず、誤った知識や習慣を改めてから始めましょう。排便の状況(回数や性状など)を記録して、自分の排便習慣や便秘の原因を知ることが第一歩です。

それでも酷い便秘でどうにもならないという方は、一度きちんと専門医を受診することをお勧めします。

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●【妊娠初期】「ガス」が溜まることによる腹痛の原因と解消法

 

(Photo by:足成 )

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お通じ記録に関する記事

新米ママさん必見!赤ちゃんの生活リズムをつけよう お通じ記録

 産後まもない赤ちゃんは、1日での授乳の回数や寝る時間もまちまちですよね。育児...

お通じ記録で異常を素早く対処!便で赤ちゃんの健康状態チェック

    赤ちゃんは母乳から栄養を得て育ちます。 また母乳からミルクへそして...


排便日誌って何?排便ケアのためにやってみよう!

  排便日誌は排便ケアを進めていく上で非常に役に立つ記録であるとともに、ケアカ...

お通じ記録で食生活の改善と便秘解消!便をチェックして健康管理

    便秘解消の意識改革と食生活改善にお通じ記録を活用しよう!   女...

カラダノートひろば

お通じ記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る