カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 薬物療法 >
  5. 薬の種類 >
  6. 世界で一番飲まれている高脂血症の治療薬とは

生活習慣病

世界で一番飲まれている高脂血症の治療薬とは

 

脂質異常症(高脂血症)の薬には悪玉コレステロールに効くもの、善玉コレステロールに効くもの、中性脂肪に効くもの、総コレステロール値に効くものなどがあります。
そのなかで最も飲まれている薬を見ていきます。

 

●3000万人が服用する薬
脂質異常症(高脂血症)の患者のうち3000万人以上、そして世界の100か国以上で飲まれている薬がスタチン系の薬です。
脂質異常症(高脂血症)のうち、悪玉コレステロールが多いタイプであるとわかったら、薬物治療の際にはスタチン系が選択されることがほとんどです。
まずスタチン系を選択してみて、効果が現れない場合はほかの薬も併用する、もしくはスタチン系から切り替えるという医師が多いようです。

 

●日本人が発見した薬
世界中で使われているスタチン系の薬ですが、発見したのは東京農工大学の遠藤博士です。
遠藤博士がスタチン系薬物のもととなるものを発見したのは1970年代で、実際に薬となるまでにはさらに15年程度の時間を必要としました。
1980年代までは脂質異常症(高脂血症)の有効な薬はなかったのです。

 

●スタチン系の名称
薬は製薬会社によって名前が異なります。
例え同じ成分の薬、同じ薬効の薬だったとしても作る製薬会社によって名前が違うのは脂質異常症(高脂血症)の治療薬以外にも見られる特徴です。
スタチン系の場合はメバロチン、ローコール、リバロなどの名前で販売されています。

 

世界で一番飲まれている脂質異常症(高脂血症)の治療薬・スタチン系。商品名はメバロチンやリバロなど製薬会社によって異なります。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/12/11-354656.php) 

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬の種類に関する記事

フィブラート系薬を用いて中性脂肪を減らそう!

  中性脂肪の値は単に肥満の有無を調べるだけではなく、動脈硬化のリスクや高...

スタチン系脂質降下剤

    スタチン系脂質降下剤は、脂質異常症の第一選択薬として世界中で使用...


イコサペント酸エチル製剤を用いた中性脂肪対策とは?

  肥満の象徴ともいわれる中性脂肪ですが、適度な量の中性脂肪はカラダを外か...

さまざまな高脂血症治療薬

  脂質異常症の治療薬は、目的に応じたいくつかの種類があります。病状に合わせて...

カラダノートひろば

薬の種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る