カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 薬物療法 >
  5. 薬の種類 >
  6. ドラッグストアで高脂血症治療薬が買えるようになる日も近い?

生活習慣病

ドラッグストアで高脂血症治療薬が買えるようになる日も近い?

 

薬と言えば医師の診察を受けた後に、処方箋に書かれたものを薬局などに貰いに行くのが一般的です。
ですが、ドラッグストアで買える薬もあります。

 

●スイッチOTC薬とは?
スイッチOTC薬という言葉は一般にはあまり知られていないようです。
スイッチOTCは医療で使われてきた薬を一般でも販売することです。
ドラッグストアに併設された薬局などでは処方箋なしに薬を買えます。
スイッチOTC薬も処方箋なしで買えるのですが、医療現場で使われている薬ということです。

 

●スイッチOTC薬のメリット
スイッチOTC薬は医療用ですので安心という方が多いです。
医療現場で使われた実績があり、副作用も少ないタイプが多いというメリットもあります。
その他、病院に行くほどではないが対処、予防したいという不調や体の異常に適切に対処できるメリットも持っています。

 

●脂質異常症(高脂血症)治療薬・エパデール
脂質異常症(高脂血症)の治療薬にもスイッチOTC薬になったものがあります。
それがエパデールという薬で、中性脂肪値が高い方に使われることが多い薬です。
エパデールは魚の脂肪にも含まれているEPAを含んだ薬剤です。
EPAは魚に含まれている以外に、サプリメントなどでも販売されていますがエパデールはより高純度なものと考えてください。

 

健康診断などで中性脂肪値が高いですね、と言われたらスイッチOTC薬でまずは様子を見るという方法も考えられます。
基本的には医師の指示に従って食事療法などをするのが第一ですが、必要に応じてスイッチOTC薬の使用も検討してみましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2007/06/30-002846.php)

  

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬の種類に関する記事

7種類の脂質異常症(高脂血症)治療薬

病気の治療法の代表的なものとして薬物療法があります。脂質異常症(高脂血症)の場...

難治性高コレステロール血症の新たな治療薬『PCSK9阻害剤』とは?

今年の3月に厚生労働省が高コレステロール血症の新たな治療薬『PCSK9阻害剤』...


イコサペント酸エチル製剤を用いた中性脂肪対策とは?

  肥満の象徴ともいわれる中性脂肪ですが、適度な量の中性脂肪はカラダを外か...

フィブラート系薬を用いて中性脂肪を減らそう!

  中性脂肪の値は単に肥満の有無を調べるだけではなく、動脈硬化のリスクや高...

カラダノートひろば

薬の種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る