カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 薬物療法 >
  5. 注意点 >
  6. 脂質異常症(高脂血症)治療薬と横紋筋融解症の関係って?

生活習慣病

脂質異常症(高脂血症)治療薬と横紋筋融解症の関係って?

 

脂質異常症(高脂血症)の治療薬には胃腸障害を中心とした副作用があります。
胃腸障害はそれほど重篤になることは少ないですが、同じく脂質異常症(高脂血症)の治療薬の副作用のひとつである横紋筋融解症は重篤な症状を呈することもある病気です。

 

●横紋筋融解症とは
横紋筋というのは体の中にある筋肉で、代表的なものには腕の筋肉、足の筋肉があります。
腹筋と心筋は横紋筋ではありません。
その横紋筋が壊れる病気が横紋筋融解症です。

 

●どんな症状が出るの?
横紋筋融解症は筋肉が壊れていく病気ですので、うまく筋肉を使えなくなります。
例えば足の筋肉が壊れればうまく歩くことが出来ません。
筋肉の炎症、痛みなども横紋筋融解症の代表的な症状です。
急に脱力してしまったり、手足に麻痺がある、血尿のような赤っぽい尿が出る場合は横紋筋融解症の可能性が高いです。

 

●どの薬が横紋筋融解症と関係しているの?
脂質異常症(高脂血症)の治療薬のうち横紋筋融解症を副作用とする薬はスタチン系です。
スタチン系は悪玉コレステロールを中心に全体的なコレステロール値への効果があり、第一選択薬として使われることが非常に多いです。
甲状腺機能障害を持っている方はスタチン系の薬で横紋筋融解症をおこす可能性が高いので、ほかの薬を使うことがあります。
また、ほかの病気の治療薬との併用で横紋筋融解症になってしまう場合もあります。

 

スタチン系の薬を飲み始めてから筋肉に力が入らなくなった、だるさが抜けないなどの症状があれば速やかに病院へ行って詳細な検査、治療を受けてください。

 

(Photo by:  //www.ashinari.com/2012/12/07-373878.php) 

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

気になる!脂質異常症(高脂血症)治療薬の副作用

   薬を飲むうえで気になることといえばやはり副作用があるかどうかということで...

治療薬の併用に要注意

  脂質異常症の治療薬は、併用が禁忌なものがあります。   スタチン系とフ...


根気よく治療を

脂質異常症は、投薬を中止するとまたコレステロール値がもとに戻ってしまうケース...

脂質異常症の治療に『ナイアシン』は死亡率を高める危険性がある?!

低HDLコレステロール血症は、高LDLコレステロール血症と同じく動脈硬化性疾患...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る