カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 数値記録 >
  4. 睡眠時間記録 >
  5. これを知っておけば明日からぐっすり!良質な睡眠のためのポイントまとめ

健康診断・健康管理

これを知っておけば明日からぐっすり!良質な睡眠のためのポイントまとめ

快適な睡眠を得ることは、一日の良いスタートになります。
疲れを持ち越したままでは、その日一日冴えない気分で過ごさなければいけないですし、些細なミスを起こして、まる一日不快な気分になることだってあります。


何気ない事のようで、実は睡眠は人間が健康な生活を送る上でとても大切な事なのです。

 

夜に何らかの理由で目が覚めてしまうという方の中には、眠る環境を整える事で良質な睡眠が得られる場合もあります。

眠りのためにどういう環境を整えるかが大切なんです。

 

眠りのための環境調整

◎ 室温は快適か。
◎ 寝具は清潔で、季節にあったものか。
◎ 物音はうるさくないか。
◎ 明るすぎないか。
◎ 身体を締め付けるような衣類は付けていないか。
◎ 湿度は適切か。
◎ 枕の高さやマットレス(布団)の硬さは自分の身体に合ったものか。

 

夜中、咳が出てしまう場合は、加湿器などを利用して、常に湿度は50~70%にしておきましょう。
室温は、冬なら20度、夏なら28度の設定にしましょう。

 

十分な睡眠が得られてるポイント
◇朝起きたとき、スッキリしている。
◇昼食の決まった時間にお腹が空く。
◇食後眠くならない。
◇1日の終わりに充実感がある。
◇寝つきがいい。
◇一度寝たら、朝起きるまで目は覚めない。
◇朝、排便がある。
 


自分の睡眠状態を記録し、その問題に対しての生活改善や問題解決を少しずつしていきます。それも、寝付けたと思ったのに起きてしまったり、十分な睡眠を得ていないと感じるようでしたら、もしかしたら、加齢によるメラトニン不足なども考えられます。

 


様々な対策をしているのに、中々よい睡眠が得られず、起きているのが辛い……そんな場合はうつなどの精神症状が関係している場合もあります。
そういう時は遠慮せずに、専門医に相談してみましょう。

  

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/04/24-378091.php?category=3 )

 

 

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠時間記録に関する記事

長時間眠るだけじゃ解消されない!?睡眠は量より質が大事!

夜なかなか眠れない、夜中に目が覚める、寝ているのにスッキリしない。そんな睡眠...

夜中に目が覚める原因って何?

夜、決まった時間に寝ても、どういうわけか夜中に目が覚めてしまう。そんな悩みを...


眠れないのはストレスのせい?ストレスと睡眠の関係性

ストレスというものは、現代社会から切っても切り離せないもの。私たちは日々何ら...

睡眠は大事!理想的な眠りのリズムを知っておこう

人間の理想的な睡眠時間は7~8時間だとされています。 睡眠は人の精神活動を...

カラダノートひろば

睡眠時間記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る