カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 対処法 >
  5. 関節変形を遅らせる為のデイリーケア

関節痛・腰痛

関節変形を遅らせる為のデイリーケア

hands



血液検査で必ず確認される MMP-3 という関節変形を表す項目があります。
この数値が基準値以上の場合は、安静を保たなければなりません。この時に無理に動いてしまうと関節破壊が進みます。


関節破壊は、進行中に激痛を伴います。時には、変形に気づかず過ごしている方もいます。変形し、固まってしまった関節は、可動域が少なく日常生活において不自由を感じる場面があります。変形後は、痛みは緩和されるもののやはり日常生活に支障が出てきます。医師や患者はこの変形を遅らせることを念頭に置き、日々の治療に取り組むと言っても過言ではありません。


頸椎、肩、股関節、膝など全身の様々な関節に破壊が見られますが、初めは手足の関節破壊から始まります。
特徴としては、手や足が外側に向き反っていくということです。


そこで、手足の変形を緩和させる日々のケアをご紹介します。


まず大切なことは、手首や足首を内側に曲げるなど、外側に向かないよう意識することです。


1.手を広げて、内側に曲げる。
痛みが強い場合は無理にすることはありません。その場合は氷や湿布などで冷やして安静にすることが大切です。

2.手足の指を優しくまっすぐ引っ張る。
イメージとしては、さするぐらいでいいと思います。特に足の指は、アーチ型になっている場合もあるので伸ばしてあげましょう。

3.足にはフットセパレーターを使う。
福祉用具でなくても今ではお安く手軽に手に入るフットセパレーター。就寝時などに使用することをおすすめします。

※その他の装具は、医療機関で医師や理学療法士または作業療法士と相談の上、より高機能な商品、またオーダーメイドで作ることも可能です。


注意!変形を軽視していると・・・
例えば、リウマチ足と言って外反母趾のひどい症状で、足の親指と人差し指が重なります。そうなると履ける靴が制限されるのはもちろん、歩行が大変難しくなります。歩行の際は体重がかかるので激痛を伴います。さらにひどくなると、体重をかけなくても痛みが強くなります。
激痛の為、痛み止めの量を個人の判断で増やしてしまうケースがありますが、長期間続けると内臓への負担も大きくなるので、薬の量やタイミングは医師と相談することをおすすめします。
長く付き合う症状なので、慎重に向き合いたいですね。

著者: あり2さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

関節リウマチの方に~良性の蛋白質を含む食事がオススメ~

                  関節リウマチは、関節痛、関節の変形が生じる...

関節リウマチの食事に欠かせません!ビタミン

            関節リウマチ(RA)は、手指のこわばりや全身の関節の...


リウマチの方はイソフラボンを摂ると良いですよ!大豆製品を食事に取り入れよう

           関節リウマチ(RA)は、関節の腫脹や痛みに加え、関節の...

長期化する腫れや痛みの症状が辛い!リウマチとの付き合い方

  関節リウマチはひどい腫れや痛みを伴う疾患です。その原因は今のところはっきりし...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る