カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 病院 >
  5. 基礎知識 >
  6. 病院を選ぶ時に知っておきたい、4つのポイント!

生活習慣病

病院を選ぶ時に知っておきたい、4つのポイント!

 

自分は糖尿病にはかからない。そう思っていませんか?

日本人の体質や食生活は、糖尿病になりやすいと言われています。

 

あなたも糖尿病予備軍の可能性が高いかもしれません。

もし、糖尿病の疑いがあったとき、あなたはどうしますか?

 

まず健康診断

自分が糖尿病の疑いがある、と気づくのは、多くの場合一般健康診断の結果ではないでしょうか。検査結果に「要再検査」の文字。そのとき、どこで検査をしますか?

この第一歩目が重要です。

 

かかりつけ医を持つ

再検査をする病院は、かかりつけがあればそこから始めるのがよいでしょう。

これまでの病歴カルテがありますし、通いやすい場所にあるというのが大きなポイントです。かかりつけ医を持っていなかった人は、これからそういった病院やお医者さんを作っていくようにしましょう。

糖尿病は、薬による治療もありますが、生活習慣の改善が重要です。

したがって、自宅から通院しやすいところにあるほど、糖尿病コントロールも負担なく続けられるでしょう。

 

糖尿病専門医を選ぶ

このとき、気をつけたいのが、「糖尿病専門医」であること。

日本糖尿病学会が認定する糖尿病専門医であれば、糖尿病の専門的な診察や治療ができると考えられます。糖尿病は、食事療法での栄養管理が重要で、栄養学などへの知識もある、糖尿病治療に詳しい医師の指導が大切です。

かかりつけ医が糖尿病に詳しくない場合には、相談して紹介してもらうのも良い方法です。

 

インターネットで専門医をチェック

最近では、「糖尿病内科」がある総合病院も増えています。

これらはインターネットで調べられますので、近所で通いやすい専門医のいる病院を選びましょう。口コミも大切です。

 

糖尿病は長くつきあっていかなければならない病気ですから、最初の病院選びは、とても大切です。その第一歩を間違えないように、しっかりと病院選びを考えましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/29-349557.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

町の診療所で続けていく糖尿病治療 受診する際にはどんな心構えが必要?

   大きな病院と小さな診療所ではどちらの方があなたの治療に適しているでしょう...

糖尿病の教育入院にかかる期間と費用はどれくらい?

糖尿病の治療の一環として存在しているのが教育入院です。糖尿病における教育入院と...


糖尿病の治療を続けるために知っておきたい2つのこと

糖尿病治療は途中であきらめてしまうという方が多いのが問題とされています。 ...

OK?NG?糖尿病患者への「食べ物」の差し入れ

  糖尿病などの生活習慣病は、生活習慣の積み重ねによって起こるもので、生活の仕...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る