カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 病院 >
  5. 入院 >
  6. 糖尿病における教育入院の重要性

生活習慣病

糖尿病における教育入院の重要性

 

 

糖尿病では、生活の自己コントロールが大切です。

 

しかし、コントロールできない人だからこそ、糖尿病になりやすいとも言えます。

そのため、教育入院として1〜2週間、病院生活を送り、糖尿病への理解を深めることが、とても役に立つのです。今回は糖尿病の教育入院についてご説明します。

 

糖尿病治療への覚悟を決める

糖尿病はどんな病気か、このまま放置したらどうなってしまうのか。

今の自分の状態は、これからどのような治療が必要なのか。

また、合併症を予防するために心がけること、などを理解し、これからの治療に取り組むための覚悟を決めさせるのが、教育入院です。

 

専門医療機関で

教育入院ができるのは、糖尿病専門治療ができる医療機関です。

10名くらいのグループで実施されることが多いようです。

医師だけでなく、看護師、薬剤師、栄養管理士、臨床検査技師、理学療法士などがチームとなり、講義や指導を行います。

 

健康保険が適用

医療機関によって、内容や期間、金額が異なりますが、この教育入院は健康保険が適用されますので、安心です。

高額療養費制度の適用も可能です。

 

自己管理ができるようになる

糖尿病は、毎日の食事を「単位」という考え方で栄養素と量を管理していきます。

一般の人は、栄養学の知識もなく、どうしたらいいかわかりませんが、教育入院での指導から、一覧表をもとに献立が組み立てられるようになります。

外食は無理なのか、旅行はだめか、など心配事はたくさんありますが、教育入院でしっかりと知識を得れば、自分でコントロールできるようになり、知識も付けられるため、安心できます。そこから、治療がスタートできるとも言えるでしょう。

 

糖尿病になると、生活に大きな変化が求められます。

合併症を回避し、長くいきいきした生活を続けるためにも、このようなかたちで病気を近いしていくことが大切です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/29-349532.php)

 

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

入院に関する記事

入院してまで検査する?糖尿病の検査入院って?

  糖尿病患者の血糖値が異常に上がったり、患者さんの状態が重症と判断されればも...

糖尿病で入院することはあるの?3つの入院方法

    糖尿病になった場合、自宅での食事療法や運動療法によってその症状を改善...


血糖値が288mg以上だと糖尿病?検査入院で判断

     体調が悪いなどの理由で病院を受診した際、突然糖尿病だと診断されるこ...

糖尿病の入院基準ってあるの?検査入院、教育入院、治療入院の基準

  糖尿病での入院は検査入院、教育入院、治療入院の3つに分かれており、このうち...

カラダノートひろば

入院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る