カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 種類 >
  5. 一般的なうつ病 >
  6. 手を抜けないことが引き金になるうつ病

メンタル

手を抜けないことが引き金になるうつ病

 

 

 

うつ病にかかる人のほとんどは、責任感があり、几帳面で仕事も熱心に取り組む人が多いです。また、周囲の人への配慮もできるため一見して病気には見えない性格面をもっています。

しかし、うつ状態となると、口数が減り、体のだるさや頭痛、腹痛、めまいなどを起こしやすくなるのです。こういったタイプの人はメランコリー親和タイプと呼ばれ、手抜きのできない性格がきっかけとなってうつ病を発症させてしまうのです。

 

【メランコリー親和型タイプのうつ病とは】

 

このメランコリー親和型タイプの人の場合は、人一倍頑張ってしまいやすく、仕事にも熱が入り稀に暴走してしまうということもあります。しかし几帳面できめ細やかであるため、仕事ができる人も多いです。また、周囲にも気を使い気配りができるため、接客業についている方の中にはきめ細やかなサービスが得意であると評価される人も少なくないでしょう。

 

【メランコリー親和型は「しても良い手抜き」でコントロール】

 

メランコリー親和型であると仮定された時は、物事の捉え方や視点を変えて考え方をコントロールできるようにすることが必要です。

最近の職場では仕事上での人間関係が活発とはいえず個人成果主義がほとんどのため、チームで動いていても個人の力量が問われることも多くあります。メランコリー親和型うつ病患者がもっている気配りや配慮は、一方的に尽くし損といった状態となりやすい環境のため孤独をより深めてしまうのです。

 さらには、相談できる相手もおらず、責任感の強さから自分で解決しようと焦り、余計に病状を悪化させ、最悪の場合には自殺を考えるケースもあるのです。

 

 

「職場内での配慮」はもはや理想でしかなく、自分の体を守るには「手抜きができる自分づくり」をして、パーソナリティを変えていくことです。

 

(Photo by: [//model.foto.ne.jp/free/product_info.php/cPath/24_252_257/products_id/301958])

著者: lulaさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

一般的なうつ病に関する記事

意外と知られていない?「うつ症状」は自己診断できること知ってますか?※専門医コメント有

最近うつっぽい、もしかしたら自分はうつかもしれない…と思った時、自分でチェック...

幼少期の経験がうつ病の原因になる?

      幼児期に虐待を受けたり、虐待を実際にしているところを見ると、脳...


近親者の死から起こる心因性のうつ

    家族や友人、身近な方の死を経験すると、人は誰しも「深い哀しみ」に陥ります...

脳と関係の深いうつ~

うつは脳の病気であることがわかっていますが、脳の病気がきっかけでおこることもあ...

カラダノートひろば

一般的なうつ病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る