カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

B型肝炎に気をつけて

 

B型肝炎の怖さを知っていますか?

もし感染してしまったら、自分のパートナーへも感染させることになるかもしれないのです。

そのリスクや症状をきちんと理解しておきましょう。

 

国内キャリアは150万人

B型肝炎は、日本で約150万人がキャリアだと言われています。

主に、母子感染でキャリアになる場合が多かったのですが、現在では、妊娠時の血液検査があり、母子間の感染がおきないように、母子間ブロックがなされています。

 

経路は血液感染

B型肝炎はA型肝炎と違い、体液を介しての感染です。

以前は、検査が不十分であったために輸血から感染することもありましたが、現在では厳格な検査基準があり、そのような感染はありません。従って、現在の感染ルートは、性感染が多くなっています。キャリアであったら、コンドームの使用が必要です。

パートナーにも配慮し、感染が広がらないようにしましょう。

そのほかに、注射器の針刺し事故、覚醒剤などの回し打ち、入れ墨などでの感染が起きています。

 

予防ワクチンを

感染予防のために、医療従事者を中心としてワクチンの接種が行われています。

一般の人も、医療機関で接種することができます。

また、海外渡航者にもこのワクチンの接種が勧められています。

しかし、このワクチンを接種しても、免疫ができない人がいるので注意が必要です。

 

治療は安静を保つこと

B型肝炎にも、抜本的な治療薬がありません。

急性肝炎の発症でわかることが多いのですが、治療は安静を保ち、回復するのを待つだけです。

 

このような怖いB型肝炎。

もし自分がかかってしまっても、自分のパートナーや家族には感染させたくないものです。感染症は、きちんとした理解が重要です。誤解をして騒いだりせず、冷静に対処できるようにしましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2008/05/01-004342.php)

 

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

B型肝炎に関する記事

B型肝炎ってどんな病気?

  あなたのまわりで「B型肝炎」の方がいますか? たまに耳にするこの病気...

肝硬変の原因にもなるB型肝炎

    お酒を飲み過ぎると肝臓を悪くする、そういったイメージがありますが、肝...


B型肝炎の予防接種を受けよう!

   B型肝炎は肝硬変や肝癌によって死亡することのある感染症です。   ...

B型肝炎のキャリアとしてこれだけは気をつけて

  新聞などでときどき耳にする「肝炎ウイルスキャリア」。 知らないうちにキャ...

カラダノートひろば

B型肝炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る