カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. 肝硬変 >
  5. 肝硬変で気を付けること*「食事」について

気になる病気・症状

肝硬変で気を付けること*「食事」について

 

よく耳にする肝硬変。「肝硬変になってしまったら、残された肝臓で生きていくしかない」とも言われます。

一体どういう意味なのでしょうか?

実は詳しく知らない方も多いのですが、肝硬変は非常に深刻な病気なのです。

 

肝硬変は元に戻りません

肝硬変でカチカチになってしまった部分は、もう治療でもとに戻ることはありません。

ですから、残された部分で、肝臓の機能を担わなければなりません。

肝臓は、代謝・排泄・解毒などの機能を果たしていますが、これらが普通の人の数分の一しかできないのです。

 

そうなると当然、普通の人と同じように、食べたり、動いたり、ができなくなります。

疲れたな、と感じることも増えてしまいますが、疲れないような生活を心がける必要があります。

 

肝硬変の生活

肝硬変になったら、食事も生活も気をつけなくてはなりません。

・減塩食(一日7g以下の塩分)

・利尿薬の内服

・繊維質の食べ物(海藻やこんにゃく、キノコ類など)を多く摂る

・糖類で栄養補給

・高タンパク質食

 

肝硬変は糖尿病を併発している場合が多く、その場合、治療方法が相反することになります。食事もそうですが、糖尿病で必要な運動も、肝硬変になったらできません。

肉体労働は、肝臓に負担をかけることになるので厳禁です。

医師の診断・指導を受けて、どちらの治療を優先させるか、判断してもらいましょう。

 

肝臓の病気はわかりにくい

肝臓は”眠れる臓器”とも呼ばれ、症状がはっきりと出ないため、病気などの発見が遅れる場合が多いのです。見つかったときには、かなり進行している、という場合が多いので、常に注意が必要です。

 

 

健康診断などでも、肝機能の値をチェックし、正常範囲にあっても、毎年の変化をみて自分の肝臓の状態が少しでも悪くなってはいないか、注意しましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/07/01-364371.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肝硬変に関する記事

休養と入院が必要!非代償性肝硬変の治療

   肝硬変はウイルス性肝炎などが原因で起きる疾患です。ウイルス性肝炎の患...

それぞれの肝硬変の治療の違いって?代償期肝硬変・非代償期肝硬変・合併症の治療法

    一度肝硬変を起してしまうと、その後、肝臓を元の健康状態に戻すことは、...


肝硬変末期…出来る治療はあるの?もう治療法はないの?

 肝硬変の症状を起こし、検査をおこなうとすでに末期だと診断された場合、頭によ...

もし身内が末期の肝臓疾患になったら…知っておきたい唯一の治療法『肝臓移植』

  肝臓は移植のため切り取っても、また再生することができる   肝硬変...

カラダノートひろば

肝硬変の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る