カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 基礎知識 >
  5. 原因 >
  6. 実は大事な臓器だった!?腎臓の機能を正しく知ろう!

生活習慣病

実は大事な臓器だった!?腎臓の機能を正しく知ろう!

腎臓って、なんのためにあるの?

慢性腎臓病を理解するには、まず腎臓のしくみを理解することが大切です。腎臓は人間の体でとても重要な役割があるのです。

 

腎臓のしくみ

腎臓は、糸球体といわれる網目構造の臓器で、濾過装置の役割を持っています。

 

血液がここを通る際に、不要なものやカラダに毒となる代謝産物、塩分などを排出し、キレイな血液になってまた体内を循環します。不要物は水分と一緒に尿として排出され、体内に残ることはありません。

 

腎臓病とは

この濾過装置は非常に繊細で、不要物を分ける機能とそれを血液から分離する微細なフィルターでできています。

 

このフィルターのメッシュがつぶれてしまうと、もう濾過ができなくなります。その結果、体内を汚れたものがずっと回り続ける状態、尿毒症になり、脳をはじめ、全身に悪影響を及ぼします。

 

透析とは人工の腎臓での処理

慢性腎臓病は、この濾過装置が壊れかけた状態を指します。腎臓の機能がほとんどなくなってしまうと、透析という方法で体外で血液から不要物を除去しなければならなくなります。

 

カラダのそとで濾過するため、処理量に制限があり、長時間かけてゆっくり透析して、体内から毒素を除去します。これは生きている間ずっと続けなくてはならず、日常生活の制限だけでなく、苦痛も伴います。

 

そうならないためにも、自分の腎臓を大切にしなくてはなりません。

 

腎臓病のリスク

腎臓に負担をかけるのは、つぎのようなものです。

・過剰な塩分

・脂肪

・アルコール

・喫煙

・薬物

 

こうしたリスク要因を生活の中から減らしていくことが、CKDにならないためのポイントです。心当たりのある方は、ちょっと腎臓への思いやりを持ってみませんか?

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

原因に関する記事

あなたの尿たんぱく値はどのくらい?値が高いと腎臓病の可能性が!糖尿病の可能性もある!?

  尿には本来たんぱく質はそれほど含まれません。普通なら1日あたりの尿たん...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る