カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 転移・再発 >
  5. 定期的な健康チェックが大切!がんの再発の可能性について

ガン・悪性腫瘍

定期的な健康チェックが大切!がんの再発の可能性について


がんには再発の可能性があります。

再発とは一度治療が終わった、もしくはがんの縮小が見られたにも関わらず、がんが再び発生することを指しています。
治療した部位に再発することもあれば、転移したがんが見つかることもあります。
転移したがんが見つかったときも『再発』という言葉を使います。


●再発率について                                                        

がんの再発率はそれぞれのがんによって異なります。

どの部分にできたがんなのか、そしてどれくらいの大きさ病期はどれくらいなのかによって再発率は異なるので、一概にまとめることは出来ません。


●大腸がんの再発率                                                      

大腸がんは、胃がんや肺がんと並んで日本人がかかりやすいがんの一つと言えるでしょう。
一般的にステージが上がればどのがんも再発率・死亡率が上がる傾向にあります。
大腸がんの場合は、ステージⅠで再発率が5%程度なのに対してステージⅢでは40%程度が再発すると言われています。


再発のうち、8割は手術から3年以内の再発、さらに残りの2割のうち1割が3年から5年の間までの再発です。


●再発の可能性は最初から考えておく                               


がんになった時は、急に色々と覚悟をしておけと言っても難しいかもしれません。


ですが、落ち着いて来たら、がんが治ったとしても再発の可能性はあること、そして再発してもまた治る可能性もあることをしっかりと覚えておきましょう。


そのためにも、がんが治ったあとの定期的な健康チェックなどは欠かせません。
楽しく長生きするためにも、がんの再発に対する注意普段からの生活習慣の改善は必要です。

(Photo by //www.ashinari.com/2011/07/19-348511.php )

著者: ゆかりんさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

転移・再発に関する記事

がんの骨転移には痛みの緩和が必要! 骨転移に対する治療とは

  がんが原病巣から移動して、身体の他の箇所に新しい腫瘍が形成されることを、転...

がんはどのように転移するの?悪性腫瘍と良性腫瘍の違いとは

がん、いわゆる悪性腫瘍とそのほかの良性腫瘍を分けるものが、「転移するかどうか」と...


転移ガンと共存するってどういうこと?糖尿病と同じようにガンと付き合えるの?

  一度ガンになってしまうと、再発や転移の心配は常にありますし、再発したときに...

ガンを完治とみなすには平均5年程度かかる!ガンの転移を防ぐために行われる治療

  ガンは一度手術をして腫瘍を取り除いたらそれで完全に終了というわけではありま...

カラダノートひろば

転移・再発の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る