カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 基礎知識 >
  5. 進行後 >
  6. これだけは気を付けたい~慢性腎臓病 透析になる前に~

生活習慣病

これだけは気を付けたい~慢性腎臓病 透析になる前に~

 

透析ってよく耳にしますが、なんだかよくわからない、という人が多いと思います。

腎臓病になったら、透析すればいいんだ、と思っていませんか?実は、透析治療はとても苦しくたいへんなものなのです。今と同じ生活を送れなくなる可能性もあります。

慢性腎臓病から進行して腎不全になったら、透析が必要となるのです。

 

透析とは

腎臓の行っている排水と不要物の排出を、血液を外に出して特殊な膜(透析膜)をつかって代替する方法です。現在、血液透析と腹膜透析の二つの方法があります。

 

血液透析

週に2〜3回、4〜5時間をかけて、人工腎臓である透析装置に血液を循環させます。

血液から水分を抜くと同時に、老廃物を透析液側に排出し、キレイになった血液を、また体内に戻します。

透析を行うには、腕にシャンテと呼ばれる透析回路をつなぐためのパーツを設置する処置が必要です。

 

透析専門病院で処理ができますので、通院する施設を決め、定期的に処理を実施します。

現在、全国の透析病院のネットワークができており、状態がよい患者には、旅行先での透析もできるようになってきました。

また、夜間の透析ができる施設も増えており、仕事をしながら通える環境も整いつつあります。しかし、人によっては長時間の透析で気分が悪くなる場合もあります。また数日おきの数時間の透析通院は、一般的な会社員には難しいともいえます。

 

腹膜透析

自己管理できる腎臓病患者では、自分でできる腹膜透析法があります。

1日に4回程度、専用パーツを設置した腹部から約2リットルの透析液を投入し、腹膜を通して老廃物と水分を取り除きます。1回あたり約30分程度なので、自宅や職場でも衛生面に気をつけられれば可能です。

しかし、トラブルのサポートがない状態での処置ですので、誰でもできるわけではありません。医師が大丈夫かつ必要と判断した場合のみ、腹膜透析が行われています。

 

日常の負担は大きい

このように、腎不全となった場合は、日常生活に大きな負担が出てきます。

終わることのない透析で、絶望的になる患者も多く、特殊な医療現場となっています。

しかし、しっかり透析を続け、食事などの注意を怠らなければ、しっかりと生きていくことができます。

 

現在、透析患者は身障者として扱われます。それほどたいへんな治療なのです。

現在、この透析患者の数は年々増加しており、日本の健康保険制度への負担も大きくなってきています。

透析にならないように、まずは病気にならないような予防、もしなってしまった場合には、食事と薬の両方の治療をしっかり続けましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/02/06-013549.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

進行後に関する記事

慢性腎臓病(CKD)の人工透析副作用を予防する3つの方法

  人工透析は腎臓の働きとまったくすべてが同じというわけではないので副作用が出...

その他病気にかかるリスクもアップ!?ホントは怖い慢性腎臓病

    慢性腎臓病。 この病気の怖いところは、さまざまな症状があり、い...


CKD進行後、透析の頻度はどれくらい?週3回、1回4-5時間程度でOK

  CKDが進行した状態というのはステージ4やステージ5で、この時期になるとむ...

血液透析とは?-血液透析の方法とその役割-

  慢性腎臓病が進行していくと、腎臓が不要物を無毒化する機能が低下していくため...

カラダノートひろば

進行後の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る