カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 予防 >
  5. 食生活 >
  6. えっホントに!?日本食がメタボ予防になる!

生活習慣病

えっホントに!?日本食がメタボ予防になる!

 

日本は長寿の国として有名です。
世界的に見て平均寿命が長く、なかには100歳を超えても元気に活動している人もいるくらいです。
そんな日本の長寿を支えているのが日本食と言われています。

 

●メタボと日本食
現代日本で増えてきているメタボリックシンドロームや、内臓脂肪が多いタイプの方は日本食をあまり好まないようです。
東北大学と岡山大学ではマウスを使って日本食の影響を研究しました。
その結果、1960年から15年ごとに区切ると、1975年の日本食が内臓脂肪を蓄積しにくいということが分かったのです。
マウスを使った実験では特に糖尿病の予防効果が高いことがわかりました。

 

●1975年の日本食って?
1975年の食事は現代の食事に比べると以下の特徴があります。
・不飽和脂肪酸の量が多い
・ミネラルを含む海藻が多い
・肉類が少ない
・品目が多い
これらの条件を満たすことで、ある程度内臓脂肪を減らせる可能性も出て来たといえます。

 

●具体的なメニューを知りたい!
具体的なメニューは以下です。
・朝食はごはん、味噌汁、焼き魚、豆類、野菜の煮物
・昼食はパン類、スープ、果物
・夕食はごはん、味噌汁、副菜2品程度、肉もしくは魚の主菜
毎日これに当てはめる必要はありませんが、参考にしてみてください。
また、全体として品数が多いのもメタボ予防になる1975年の食事の特徴です。

 

メタボリックシンドロームの予防・改善には日本食がよいということがわかりました。
品数を多くしたり、ミネラルを積極的に摂取するなど、毎日の食事に工夫を加えてみてください。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/02/06-357215.php) 

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食生活に関する記事

肥満気味なあなたに朗報!メタボリックシンドロームを【クロレラ】で改善!

おなか周りが気になり出したら…食生活を見直して   秋は旬の味覚がいっぱい!...

「3食規則正しく」「ゆっくりよく噛んで」…でも●●な人は食べ過ぎになるから注意!

  メタボリックシンドロームの予防に、食生活の見直しは欠かせません。 もちろ...


黒ウーロン茶とコーヒーで中性脂肪対策!

  中性脂肪量が血液中に増えてしまうと、血液がドロドロになり血液の流れが悪...

メタボならば朝食と油に注意!

  自分の食習慣は正しくできていると自信を持って言えるでしょうか?肥満解消のた...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る