カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 慢性腎臓病でなぜカリウムがだめなの?

生活習慣病

慢性腎臓病でなぜカリウムがだめなの?

慢性腎臓病が進行すると、食事中のカリウムを制限するように指導されます。

 

カリウムとは?

カリウムは生体の約0.2%を占める元素で、体内では神経伝達などに重要な役割を担っています。なぜそんなにたくさんあるものが食べてはいけないのでしょうか?

 

体内にたまるカリウム

カリウムは腎臓でしか排出されないため、腎臓病になるとカリウムが体内にどんどん溜まっていってしまいます。

 

カリウムが体内で過剰になると、神経伝達系に異常をきたしたり、不整脈などを起こしやすくなってしまいます。そのため、他の病気にはあまりない「カリウムの摂取制限」が、腎臓病に限って必要となります。

 

献立を決めるときに気をつける

毎日の献立を考えるときに、タンパク質と同様に、カリウムの含有量も気にするとよいでしょう。加工品になってしまうとわかりにくいですが、一般的に、次のような食材が、カリウムを比較的多く含みます。

 

これらを全く摂ってはいけない、ということではなく、1日の摂取量をきちんと守る必要がある、ということです。

 

カリウムを多く含む食品

・野菜

・果物

・豆類

・芋類

・バナナ

・ベーキングパウダー

 

腎臓病では水分の摂取制限もあるので、果物、とくに梨やスイカといった水分も多く、カリウムを含む食材を避けるのが基本となります。

 

カリウムフリー食材の活用も

最近では、カリウムフリーのレタスなど、腎臓病患者も食べられる野菜などが出てきています。腎臓病で食べられないものが増え、日々のメニューも単調になりがちですが、透析患者が24万人といわれる日本では、こうしたカリウムを含まない食材などの開発も進められています。

 

治療は長く続くものですので、少しでも楽しい食事になるように、新しい食材を取り入れてメニューを増やしていきましょう。

 

主治医や管理栄養士からの指示を守り、病態にあわせたメニューづくりが大切です。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

良質のタンパク質中心に!糖尿病合併症のある慢性腎臓病

    慢性腎臓病の原因の一つに、糖尿病があります。そのため、糖尿病を治療しつつ...

慢性腎臓病、外食よりも手作り食で塩分をコントロール!

  腎臓の機能が低下してくると、透析を受けなくてはいけなくなる可能性が出てきま...


押さえておきたい!慢性糖尿病の食事の基本とポイント

    気の重くなる食事療法。 これまで食べてきたことが、全部否定されたよ...

食事制限について正しく知ろう

  腎臓病の食事療法は、食事制限という言葉をよく使われるほど、場合によっては非...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る