カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 食事療法 >
  5. 実は関係していた?咀嚼の回数とメタボリックシンドロームの関係性

生活習慣病

実は関係していた?咀嚼の回数とメタボリックシンドロームの関係性

 

小さいころ、『よく噛んで食べた方がよい』と言われたことがあるという方も多いかもしれません。
ただ実際に大人になってみると時間がなかったりして自然と噛む回数が減ってしまっている方もいます。
咀嚼の回数とメタボリックシンドロームには関係性があるということがわかりました。

 

●よく噛まないとメタボが進む
厚生労働省の科学研究によって咀嚼とメタボリックシンドロームには関係があることがわかったのです。
国立保健医療科学院の研究班が観察研究、基礎研究などを重ね、咀嚼することでメタボを予防できる、よく噛まずに早食いするとメタボを始めとした生活習慣病の可能性が高まると結論付けられました。

 

●咀嚼支援とは
咀嚼とメタボリックシンドロームの関連性が見られたことにより、咀嚼支援に対する注目が高まっています。
咀嚼支援とは、噛む癖をつける手助けをするということです。
上記で紹介した国立保健医療科学院の研究結果をもとに、咀嚼支援用のマニュアルなども作られました。

 

●たくさん噛むためのポイント
たくさん噛むためのポイントはいくつかあります。
・目標回数を数値化する
・一口のサイズを小さくする
・食べているものを飲み込むまで次の食べ物に箸を動かさない
これらの他にもそれぞれの食生活にあった咀嚼のポイントがあります。
一口20-30回くらいは噛んだ方がよいです。

 

咀嚼の回数を増やすことはメタボリックシンドロームの食事療法中に使える方法です。
予防にもなるので、ぜひ咀嚼回数を増やしてみてください。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2008/12/14-011128.php) 

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事療法に関する記事

メタボのために積極的に摂取したいもの

メタボリックシンドロームの食事療法は、どちらかと言えば制限されることが多いよう...

ポッコリお腹の人の共通点!食事内容や習慣以外にも、こんなことしていませんか?

  食事は体をつくる基礎になるものですから、どんなものを食べるか、どんなふうに...


生活習慣病の予防・改善に役立つ成分をたくさん含む魚介類

  魚にはたくさんの健康成分が含まれています。その中には中性脂肪を減少させ...

生活習慣病を改善する脂肪細胞!温州ミカンが脂肪細胞に効く?

生活習慣病に深く関係しているのが、脂肪細胞という細胞です。 これは生活習慣病を...

カラダノートひろば

食事療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る