カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 食事療法 >
  5. レシピ >
  6. 慢性腎臓病の食事を楽しむレシピとは?

生活習慣病

慢性腎臓病の食事を楽しむレシピとは?

 

 

慢性腎臓病になったらもう好きなものは食べられない。

そう思っていませんか?実は、調理法でいろいろアレンジできるのです。

心配ばかりせず、腎臓病でも楽しめるレシピを探しましょう。

 

毎日の献立の立て方

腎臓病になって食事療法が必要になると、医療機関で一定の教育プログラムを受けることができます。腎臓病食品交換表の使い方も、ここで教えてもらえます。

教育入院という方法もありますし、セミナー形式のことのもありますが、個別に主治医と管理栄養士から指導を受けられます。

 

ここでは患者にあったメニューを紹介してくれますから、まずそこからスタートしましょう。どのような食材を選べばよいか、どのくらい食べたらいいか、何を参考にしたらいいか、などをきちんと教えてもらえば、基本的には大丈夫です。

 

レシピの探し方

日本には現在1300万人以上の慢性腎臓病CKD患者がいると言われています。

その支援組織も多数あり、これらの団体のインターネットサイトには、腎臓病でも食べられるレシピや、体験談などが掲載されています。こうした情報を参考にして、日々のメニューを豊かにしていけば、つらいばかりの食事療法も苦痛がなくなります。

全国に、同じように苦しみながらがんばっている人がいることも、支えになるかもしれません。

 

特殊食材の活用

すべての腎臓病患者が食事療法が必要というほどではないにしろ、腎臓病食は必需品。

全国にはこれだけの腎臓病を煩っている人がいるのですから、腎臓病に対応した食材もどんどん開発されています。

低タンパク食材や、高カロリー食材などが販売されていますので、自分の住んでいる地域ではどこで手に入るかなども、主治医などに教えてもらいましょう。

また、インターネット通販の利用も便利です。

 

 

食事療法は長続きさせるのがコツです。

ときには手が抜けるメニューを用意しておき、無理なく続けられるようにしていきましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/12/11-354661.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

レシピに関する記事

たんぱく質制限でも手軽な丼を食べたいときはコレ!

  腎臓病の場合、あまりたんぱく質をたくさん摂取できませんから、丼ものやめん類...

新玉ねぎで!うれしいカロリー確保と合併症予防

  腎臓は全身で使われ汚くなった血液をきれいにし、心臓に戻すという重要な役割を...


リンとカリウム減!茹でこぼしサケフライのレシピ

  慢性腎臓病を発症している人にとって、食事療法は非常に重要です。その中でもリ...

電子レンジで!簡単レシピ

  腎臓病の患者さんの料理は薄味であることが大原則です。そのため、家族と一緒に...

カラダノートひろば

レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る