カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 食事療法 >
  5. レシピ >
  6. 慢性腎臓病にかかせない食品交換表ってなに?

生活習慣病

慢性腎臓病にかかせない食品交換表ってなに?

病院でもよくみる腎臓病食品交換表。一般にはほとんど知られていませんが、本屋さんに行ってみてください。たくさんの種類の「腎臓病のための食品交換表」が、ずらっと並んでいます。

 

腎臓病の食事療法で欠かせないのが、この腎臓病食品交換表です。

 

医師の指導にあわせた単位計算

簡単に言えば、一日に摂る「水分・カロリー・タンパク質・塩分 」の量を、医師の指導どおりに計算するための一覧表です。この表から今日食べる食材をチョイスして成分を確認し、使っていい量が決まります。

 

タンパク質量とカロリーの合計が、基準をクリアしていればOK。

 

「単位」で換算する

食品交換表には、食材ごとにタンパク質量が「単位」で記載されています。

 

タンパク質3gが1単位ですので、

 ご飯一杯(120g)=1単位

 卵1個=2単位

 

というふうに、記載されている食品交換表から、必要量の食材を選んで計算していきます。調味料やデザートなどまで、国内で売っているほとんどの食材が掲載されています。

 

主食と副食の食材を選ぶ

食品交換表には、1〜6の「表」に各種食材が掲載されています。主に表1〜4に掲載されている食材から、主治医に指導されたタンパク質の単位を基準に選び出し、献立を決めていきます。

 

各表には、次のようなものが記載されています。

 

 表1:主に主食となるもの…ご飯、パンなど

 表2:副食・デザート…果物、芋類など

 表3:副食・付け合わせ…野菜

 表4:副食のメイン…肉、魚、卵、乳製品など

 

バランス良く食べよう

食事療法は、バランス良く選ぶことがポイントです。

 

卵や牛乳はできるだけ毎日1単位摂ることがオススメです。タンパク質の一日の摂取量が60gであれば、合計20単位までの食材を選べます。

 

それぞれの食材のカロリーも記載されていますから、カロリーも計算して、一日の必要量を満たせば完成です。

 

特に主食は、治療用特殊食材を使うと、タンパク質を摂取せずに十分に食べられます。キノコやこんにゃくなどの素材は、タンパク質を含まず、量を食べられるので、満腹感を得たいときには便利です。

 

スイーツなどでエネルギーを補う

さらに、こうして作ったメニューではエネルギー量が足りない場合には、タンパク質を含まない治療用食材などでエネルギーを補ってあげる必要があります。表5と6には、タンパク質を含まない食材が載っていますから、ここから追加を選びます。

 

甘いものも、ここで追加できますから、うれしいですね。

 

これらを計算するために、食品交換表が必要なのです。どのような食材ならたくさん食べられるのかもわかります。

 

食事のバリエーションを広げたり、場合によっては外食も可能になります。この食品交換表は、書店で売っていますから、1冊は必ず購入しましょう。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

レシピに関する記事

リンとカリウム減!茹でこぼしサケフライのレシピ

  慢性腎臓病を発症している人にとって、食事療法は非常に重要です。その中でもリ...

たんぱく質制限でも手軽な丼を食べたいときはコレ!

  腎臓病の場合、あまりたんぱく質をたくさん摂取できませんから、丼ものやめん類...


電子レンジで!簡単レシピ

  腎臓病の患者さんの料理は薄味であることが大原則です。そのため、家族と一緒に...

「熱して甘い春キャベツ」であまいキャベツ餃子!

  食事療法によって、制限の多い慢性腎臓病の患者さんは、食生活の改善と共に食事...

カラダノートひろば

レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る