カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 薬物療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. いざ病気になった時のために・・・慢性腎臓病の薬を知ろう

生活習慣病

いざ病気になった時のために・・・慢性腎臓病の薬を知ろう

 

慢性腎臓病になると、たくさんの薬を処方されます。

今日はこれだけ、と自己判断しないためにも、それぞれの薬の役割をしっかり知っておきましょう。

 

慢性腎臓病の治療には、つぎのような薬が使用されます。

 

血圧を調節する薬

慢性腎臓病を伴う高血圧症には、腎臓を保護するために、血圧を下げる薬(=降圧剤)が使われます。主に、RA系阻害剤と呼ばれるアンジオテンシン交換酵素阻害剤や、カルシウム拮抗薬、降圧利尿薬などがあります。

 

老廃物を排出する機能を補助する薬

腎臓の機能が低下すると、血液中の老廃物が尿として排出されず、体内に溜まっていってしまいます。食事で摂った分から、腸内で尿毒症となる成分を吸着し、体内に吸収させずに便として排泄させる薬を使って、尿毒症になりにくくさせます。

 

体液のイオンバランスを調節する薬

腎臓の機能低下でたまったカリウムによって、手足のしびれや不整脈などが起きやすくなります。食事でとったものから腸内でカリウムをキャッチし、便として排泄するカリウム吸着薬が使用されます。同様に、リンも吸着して排泄される薬があります。

 

血液を作らせる薬

腎臓で作られるエリスロポエチンによって、血液中の赤血球を作る指令が出されますが、この機能が低下しているため、貧血になります。これに対して、エリスロポエチンを注射して血液を作らせます。貧血の改善は、心不全の回避や腎臓の働きを助けることにもつながるので、CKDでは重要です。

 

強い骨を作らせる薬

腎臓病では、ビタミンDの活性化が押さえられ、カルシウムが骨から出て行ってしまい、骨粗鬆症になる傾向があります。

そのため、活性型のビタミンDを補給し、骨を強くします。

 

薬を理解して正しく使用しよう

これらの薬は病状にあわせて使用されますので、全部を使うわけではありません。

主治医が処方した薬をきちんと飲むためにも、薬の意味・役割をきちんと理解して、正しい使い方を守りましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/02/28-376734.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

知っておきたい、慢性糖尿病の治療

    腎臓病は、薬で治るという病気ではありません。 病状を止めることも大...

慢性腎臓病における、2種類の薬物療法とは?

  慢性腎臓病における薬物療法は原因療法と対症療法の2つに大きくわけられます。...


拒絶反応と感染症…バランスの難しい免疫抑制剤

  アレルギーを持っている人の中には、花粉やハウスダストなどに過剰に反応してつ...

対症療法と原因療法の違いは?~薬の使い分け~

  慢性腎臓病になると、残念ながら、腎臓をもとの完全な状態に戻すことは望め...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る