カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 薬物療法 >
  5. 薬の種類 >
  6. 利尿剤はどんなときに飲むの?

生活習慣病

利尿剤はどんなときに飲むの?

 

慢性腎臓病になると、利尿剤が処方されることがあります。

利尿剤を飲むのは、どんな効果があるからなのでしょうか。

慢性腎臓病で気をつけたいのは、尿の量です。

これが病気のバロメーターでもあるのです。

 

夜間尿は腎機能低下の徴候

腎臓の機能低下とともに、十分に体液中の水を尿として排出できなくなります。

慢性腎臓病の初期症状として、夜間尿があります。

これは通常、夜間には水分接種が少なく、尿の量が少なくなるのに、腎機能の低下で夜間の尿濃縮が起こらないために起きる現象です。

これが進行すると、腎臓を経由して尿として水分を排出する濾過機能GRFが低下します。

このGRF値によって、腎臓病の進行がステージ分けされるのです。

 

むくみから尿毒症、肺水腫へ

利尿剤は、体内に水分が溜まるようになってきたら処方される対症療法薬です。

体内に水分が溜まったままだと、むくみとして足がぱんぱんになったりします。

これが進行すると、心臓や肺に水がたまる「肺水腫」となり、心不全を引き起こすので危険です。

また、尿として排出できない塩分や老廃物が体内に回る尿毒症は、意識障害なども起こします。

このため、少しでも尿で排出させることが重要なのです。

 

利尿剤の種類

利尿剤には、腎臓への血流量と糸球体濾過量を減少させない「ループ利尿薬」と呼ばれ薬剤が利用されています。

また、このような利尿剤が効果がない場合には、濃縮アルブミン製剤という血液製剤が併用されます。尿排出は、結果的に血圧も下げることにもなります。

 

 

腎臓病治療における利尿剤は、ある程度腎臓の機能が残っているけれど、弱くなってきている、という場合の薬です。

これを使わないで済むように、食事なども見直さなければなりません。

これ以上、病気を進行させないように、本気で治療に取り組みましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2008/12/07-010884.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬の種類に関する記事

放っておくと大変なことに…?慢性腎臓病(CKD)による高血圧には早めの対処を!

  慢性腎臓病の薬物治療は、薬の効果によって腎臓の機能を補ったり、腎臓の機能低下...

腎臓病になると処方される、体内バランスを調節する2つの薬

  腎臓の機能が低下すると、体液量や、イオンバランスの調節がうまくいかず、場合...


カリウムやタンパク質などの制限が緩くなる経口吸着剤とは

  タンパク質やカリウムを制限する食事療法。 なかなか万全にできないな、...

こんなに多い!免疫抑制剤の副作用を知っておこう!

  慢性腎臓病の治療では、程度の差はあれ、どんなに初期の段階でもどんなに末期の...

カラダノートひろば

薬の種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る