カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 薬物療法 >
  5. 薬の種類 >
  6. 何故服用する?降圧剤のその効果

生活習慣病

何故服用する?降圧剤のその効果

 

慢性腎臓病になると処方されるたくさんの薬。

高血圧症でもないのに、降圧剤って、何のために飲むのでしょう?

じつは、慢性腎臓病では、腎臓への血圧による負担が病状を悪化させるのです。

 

高血圧は腎機能低下の原因の一つ

高血圧の場合、腎臓での濾過の際に強い力がかかるため、腎臓の細胞が壊れやすくなります。このために起きる腎炎なども、慢性腎臓病の一因です。

また、腎機能が低下している場合には、血圧が高いことでさらに腎臓に負荷がかかり、悪化します。したがって、血圧のコントロールは、腎臓病治療において非常に重要です。

 

降圧剤とは

血圧を下げるためには、体内で血圧を上昇させるレニン・アンジオテンシン系の作用を抑制する薬剤が用いられます。アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬や、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)などがこれにあたります。

また、カルシウム拮抗薬は、血管壁の細胞にカルシウムが流入すると収縮する作用があり、これをブロックすることで血管を拡張させて血圧を下げます。

脳や心臓、腎臓への血流を促進させる作用があります。

 

薬剤の使い分け

降圧剤は、頭痛や動悸、めまいなどが副作用として挙げられます。この副作用がつらいという方も多いようです。また、降圧剤は一過性の効果で、薬の効果が切れればまた血圧が上昇します。個人の判断でやめてしまったりしてはいけません。

これらの薬物が腎臓で排出されるため、腎機能が低下すると使えない場合もあります。

医師の処方を守り、効果的に使用しましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349536.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬の種類に関する記事

腎臓病になると処方される、体内バランスを調節する2つの薬

  腎臓の機能が低下すると、体液量や、イオンバランスの調節がうまくいかず、場合...

リンパ球の働きを抑える免疫抑制剤…種類と働き方はたくさん!

  慢性腎臓病は症状の少ない疾患です。早期に発見されれば、長年治療をしていって...


利尿剤はどんなときに飲むの?

  慢性腎臓病になると、利尿剤が処方されることがあります。 利尿剤を飲むのは...

こんなに多い!免疫抑制剤の副作用を知っておこう!

  慢性腎臓病の治療では、程度の差はあれ、どんなに初期の段階でもどんなに末期の...

カラダノートひろば

薬の種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る