カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 病院 >
  6. その他 >
  7. うつ病になるとどんな診断をされるの?

メンタル

うつ病になるとどんな診断をされるの?

 

 

うつ病は一生涯で15人に1人がなる病気です。職場環境、人間関係、家庭環境など原因は個人それぞれに異なります。最初は不眠や頭痛、めまい、吐き気、だるさなど体調不良から起こり始め、同時に気分の沈みこみ、意欲低下などが起こります。

 

うつ病の診断はその症状の特徴によって違います。しかし、ほとんどがひとくくりに「うつ病」とされるのがほとんどです。

その診断基準となるものを少し細かくみていきましょう。

 

・双極性障害(躁うつ病)

眠らなくても元気で、非常に良くしゃべり早口、浪費癖があるなどの症状があります。うつ病との見分けが困難で、受診しに行く時がうつ状態と考えられ、躁状態の時には受診しないこともあり、再発を繰り返し、投薬の効き目が悪くなります。

 

・非定型うつ病

気分に左右され、良い時と悪い時の差が激しく、過眠傾向でもあります。また食欲があるので体調が悪いようには周囲には見えません。

 

・逃避型うつ病

問題や壁にあたるとその解決をできずに不安感が少ないうつ状態に逃避しようとします。不眠や生活リズムが乱れますが、自分の好きなことは楽しむことができるのです。

 

・仮面うつ病

体の不調があるのに、うつ状態であることを自覚できない。このうつ病の場合には、気分の落ち込みやイライラするなどの精神症状が現れません。頭痛や吐き気などがありますが、服薬でも治らずうつであることを見逃されやすいことがあります。

 

・産後うつ病

出産すると一時期は喜びで気分は高まりますが、育児をしているうちに睡眠障害、食欲低下、集中力の低下、泣きやまないのをイライラして起こりだすなどの状態が起こります。少しでも異変を感じたら、診断を受けることをおすすめします。

 

・老年期うつ病

老年のうつ病は主に周囲に対して影響を及ぼします。不平や不満をあからさまに頻繁に言ったり、自分の体調について過度に訴えたり、落ち着きなくじっとしていられないということも症状としてあります。一見、認知症のように見えることもありますが、長年連れ添った配偶者の死などがストレス要因となって起こる場合もあります。

 

年代問わず、うつ病は誰でもかかる可能性のある病気ですが、どのタイプのうつ病なのかということは、病院でカウンセリングをうけ医師との対話のなかから、どのタイプに近いうつ病なのかという診断がされます。それは、1回の診断でわかるものではありませんし、定期的に通っていくことで原因となっているものを見極めることができるのです。

 

(Photo by: [//pro.foto.ne.jp/free/product_info.php/cPath/21_28_69/products_id/4554])

著者: lulaさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

うつ病はどれくらいで治るもの?

    うつ病の治療期間は症状に個人差があるので、一概にこの期間で治ると...

もしかしてうつ病?と思ったら、どのレベルの病院を受診するか

        うつ病といえば、精神科を受診するのが普通ですが、同じ精神科診療...


うつ病治療では入院することもあります!どんな場合、入院しなければいけないの?

入院治療は、手術などで病院にいなければできない治療をするときに必要とされるケー...

入院する前に知っておきたい、うつ病入院のメリット・デメリット

うつ病は入院が必須の病気ではないですが、入院を勧められることなどはあります。 ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る