カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 検査・治療 >
  5. あまり知られていない?!リウマチ栄養療法(代替療法)

関節痛・腰痛

あまり知られていない?!リウマチ栄養療法(代替療法)




リウマチと診断されると、医師にまず言われることは、
体重を増やさないように!」とのこと。

実体験を元に、食事療法をご紹介したいと思います。



体重コントロールの基本は、食事、運動、睡眠 と一般的には言われます。しかし、リウマチ患者は関節に負担のかかるような激しい運動はNGとされています。

そこで、食事療法での体重コントロールの方法をご紹介します。
代替医療で一般的に言われる食事療法 及び、実際に栄養療法で医師に指導を受けたものも含まれます。



---------- <基本ルール>---------- 

1.たんぱく質を多めに摂る
  リウマチ患者はタンパク質不足だと言われます。
例えば:一日に摂取す るタンパク質の量は、体重50kgの人なら、50g以上を目指します。


2.糖質(特に白砂糖)を控える


3.魚を積極的に摂取する 
  牛肉は炎症値が高い時は控えた方が良いと言われています。


4.乳製品を避ける


5.必須脂肪酸を摂取する
例えば:亜麻仁、アボカド、オリーブ、ヘンプ(オメガ3摂取)


6.冷たい飲み物は控える 
  体を冷やさないということですね。


7.アルコールの大量摂取は控える


8.加工食品を控える 


9.良いお塩を積極的に摂る 
  良質の塩は体を温め、整腸を促進すると言われています。


10.外食時は、揚げ物を避ける 
   トランス脂肪酸など有害な油を体内に入れない為


11.根菜類を摂る
   体を温める作用がある為ですね


12.旬のものをいただく
   栄養満点!


13.添加物を避ける


14.偏食を避ける 
実際、短期間の偏食で改善したという方もいらっしゃいました。


15.フルーツは、朝かお昼に摂取


16.陰陽バランスを考慮したメニュー
 マクロビオティックより


17.アルカリ性食品の摂取
 アーユルヴェーダより


18.食事の時間は30分以上

----------------------------------------


これらの基本ルールを踏まえ、食べる順番を守ると太るどころか痩せてしまいます!


ポイントは低GI値食品から食べる

 

例えば:サラダ、副菜、主菜(タンパク質)、少量の炭水化物の順で食べる。

炭水化物を除去してしまう方もいますが、タンパク質の吸収には炭水化物も必要なので、少量でも摂取を心掛けています。


ルールを書きだすとたくさんあるように思います。
マクロビオティックの食事療法とアーユルヴェーダでは、対照的な部分もあるのですが、季節や自分の体調に合った食事療法を臨機応変に楽しむことが一番だと思います。
毎日、厳守するのではなく、週のうち何回かトライすることから始め、意識するだけでも随分変わりますので、ぜひ試してみてください。


(photo by //www.ashinari.com/2010/03/03-034167.php?)
category=28

著者: roseさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事


リウマチの根本治療! 3種類の抗リウマチ薬と生物学的製剤について

病気の治療は根本治療と対症療法の2つを基軸とする場合が多いです。根本治療は名...

最近注目のリウマチ治療薬「生物学的製剤」とは?どう使う?効果は?

  リウマチの治療薬として、最近生物学的製剤に注目が集まっています。この生...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る