カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 天然のサプリメントは大豆イソフラボン!

メンタル

天然のサプリメントは大豆イソフラボン!

 

大豆イソフラボンと聞くと、美容に効果があるのではないかと思われがちですが、うつ病にも効果があることが知られています。

過剰に摂取せず、適度に摂ることがポイントです。

 

大豆イソフラボンって?? 

大豆イソフラボンはビタミンB群に含まれる栄養素で、自律神経をコントロールしてくれるという作用があります。さらに、大豆には脳内のセロトニンを生成するために必要なトリプトファンが豊富に含まれているのです。この大豆を適度に食べると、睡眠も安定しやすくなるといわれています。

 

脳には栄養が必要不可欠!

特に若い女性はダイエットが習慣化していて、そのダイエットがきっかけでうつ状態になる人もいます。その場合、脳内のセロトニンが欠乏しているので、食生活を改善する必要があるのです。ダイエットは成功していても、脳に栄養が足りていなければ日常生活に支障をきたすのは当たり前のことなのです。

 

 

女性ホルモンに働きかける

過剰なダイエットが原因となって栄養が偏り、うつ病となるのは本来求めていたものではないはずです。そのためにも、必要な栄養素を摂り、脳の栄養をサプリメントで補うことも必要なのです。さらに、この大豆イソフラボンは女性ホルモンにも働きかけるため、月経中の不快感などの軽減効果も期待でき、健康的な体を保つことができます。

 

 

大豆というとありのままのものをイメージしがちですが、豆腐や納豆など加工されたものでもかまいませんので、食事に1品加えてみてください。特に夜に摂取すると有効です。なぜなら、10時以降から体は体内バランスを整えるために働きだすからです。

 

天然のサプリメントは食事から摂れるということを覚えておきましょう。

 

(Photo by: [http://www.pakutaso.com/201249photo171post-1603.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

うつ病に関する記事

うつ病は現代病?昔はなかった?現代人がストレスに弱くなった理由や原因は

うつ病患者などの精神疾患が増えているのは、ストレスがどんどん増えてきているか...

うつの人への接し方~大切な人や職場の同僚がうつになったとき~ あなたの言動でうつ病から救えるかも

うつ病の患者を持つ家族が注意しなくてはいけないことの一つに「過保護」がありま...


東洋医学のうつ治療とは? 漢方薬の効果や「食養」など

     新規抗うつ薬であるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSN...

生活環境の変化が原因!空きのす症候群?や女性に訪れるうつ病危機

お子さんが独り立ちした後にお母さんを襲う“空の巣症候群”とは、一体どんな症状...

うつ病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る