カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. 痩せすぎも太りすぎもだめ?癌の死亡リスクをあげる体型について

ガン・悪性腫瘍

痩せすぎも太りすぎもだめ?癌の死亡リスクをあげる体型について

sf1.jpg

体型は人によってさまざまであり、加齢に伴って変化していくこともあります。痩せてくる人もいれば太ってくる人もいます。
そんな体型とがんには、少なからず関わりがあります。


●BMIとは 


体型を測るのに必要なのがBMIというものです。

BMIは体重÷(身長(m)×身長(m))で算出することが出来ます。平均的には20-23程度が望ましいと言われています。

18以下だとやせ型、25以上だと太めとなります。

まずはBMIで自分の体格を算出してみてください。


●肥満のがんリスク

 
肥満によるがんリスクに関しては、BMI30以上の場合に見られます。

ただし、日本人よりも欧米人の方が肥満によるがんリスクはより近接した関係にあるとも言われています。


肥満解消によって防ぐことが出来るのは、がんというよりも高血圧や高脂血症などの生活習慣病が主なものとなっているのが特徴的です。


●痩せすぎによるがんリスク 


痩せすぎている場合には栄養不足ということが考えられます。

栄養不足になると免疫も弱まるので脳出血などを起こしやすくなりますし、がんを始めとした各種の病気のリスクも高まります。

BMI21未満の場合にはリスクが高くなると言われているので注意が必要です。


●適切なBMI


適切なBMIは男性の場合は21-27、女性の場合は19-25程度と言われています。

がんのリスクを避けるためにも男性は21以下、女性は19以下のBMIにならないように注意し、男女ともに30を超えないようにも注意してください。


(Photo by //www.ashinari.com/2012/09/18-370013.php?category=10 )

著者: rabiさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

コレステロールや胆汁酸の活性化 も?!ポリフェノールの効果は抗酸化作用だけじゃない!?

   ポリフェノールは果物や野菜に含まれる色素のもととなるものであり、今までは...

長引く重い副鼻腔炎(蓄膿症)の症状!その正体は「鼻のがん」である場合も

蓄膿症と呼ばれることもある「副鼻腔炎」ですが、症状が重くなったり長引いたりす...


発がん性物質としてスウェーデンで発表された食品中の「アクリルアミド」

   発がん性物質にはさまざまなものがありますが、2002年4月スウェーデン政...

喫煙、飲酒、身体活動…がんの4割は生活スタイルが原因?

がんは生活習慣病のひとつとも言われています。生活習慣が深くかかわっているため、生...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

原因の記事ランキング

人気体験談ランキング

ガン・悪性腫瘍のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る