カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 鍼・ツボ >
  6. 頼っていた投薬を絶つことが鍼灸の最終目標!

メンタル

頼っていた投薬を絶つことが鍼灸の最終目標!

 

個人差もありますが、うつ病には鍼灸は効果があると考えられています。うつに対して鍼灸の治験例は多く存在し、薬に頼らなくても治ったというケースも多くあります。

 

 

血流の悪化は体に悪い

うつ病にかかるほとんどの人は、後頸部から肩背部にかけてコリがたまっていて、血流も悪くなっている状態です。そのため、睡眠不足や不安障害、被害妄想などの症状を起こしていることがあります。さらに、冷え性や朝方に体がだるく、性欲も減退していることもあります。あるいは、食生活の偏りや極端に痩せ過ぎ、太り過ぎなどの傾向もあり、生活リズムも乱れているのです。

 

 

鍼灸は根気よく続けよう

鍼灸に訪れるうつ病の方で投薬治療を受けていないという人はまずいません。短期間の服用であれば回復も早く見込めますが、長期間服用してきた人の場合にはそれなりに回復までに時間もかかります。しかし、10年以上うつ病にかかっていた人が1年の鍼灸治療で回復しているというケースもあるので、根気よく続けることが大切でしょう。

 

 

うつ病の治療に大切なこと

投薬治療でも、鍼灸治療であってもうつ病の治療に大切なのは、

 

・自分がうつ病であることを理解する

 

・十分な休息を取る

 

・薬の重要性と副作用について理解する

 

・うつ病は治る病気であると理解する

 

・良い時と悪い時を繰り返しながら回復していく

 

・自傷行為に及ばない

 

などです。

 

 

特に鍼灸治療においては、頼っていた投薬治療を止めるまで回復させ、さらには社会復帰、職場復帰できるようになることが目標です。

 

(Photo by: [//www.modelpiece.com/view.php?imageNo=20130305125123-10&category=02&keyword=&mode=category&modelNo=])

著者: lulaさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

鍼・ツボに関する記事

うつ病の症状が出た・・・困った時のツボ押し!

   うつ病は治療を続けていても、いつ症状がでるかわかりません。自分では思って...

うつ病の治療法~鍼灸治療はどんなもの?

うつ病による内臓への影響 西洋医学では、うつ病といえば脳内の神経伝達物質の異常...


ストレスによるうつ症状を鍼灸治療で治そう

     うつ病に良く見られる病前性格に、真面目な性格で、仕事も几帳面にこなし...

鍼でうつ病による自律神経の乱れを正す!

    人は誰でも自己治癒能力があり、軽いものであれば投薬がなくても治る...

カラダノートひろば

鍼・ツボの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る