カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 東洋医学 >
  6. 漢方 >
  7. 自分に合った漢方薬を見つけるには?

メンタル

自分に合った漢方薬を見つけるには?

 

 

 

これまで頼っていた抗うつ薬、抗不安薬、睡眠導入剤などを絶ち、うつ病を克服するために漢方薬に切り替えるという時には、まずはかかりつけの専門医に相談をすることが大切です。これまでの薬を止めるうえに病院も変えるという重大な転換は、余計に病状を悪化させることにもなるので絶対にしてはいけません。

 

ほとんどは、抗うつ薬などとの併用から漢方の導入をはじめ、少しずつ切り替えていきますが、再発させないためにも処方された薬は途中で中断することなくつづけましょう。

 

【漢方専門病院、漢方専門薬局の利用】

 

では、自分に合った漢方を見つけるにはどうしたらよいのかというと、一番はかかりつけの医師に処方してもらうことです。最近は漢方専門病院、漢方専門薬局が存在します。漢方は症状の個人差もあるので量の微調整などを行うためにも頻繁に通ったりする必要があるため、近くの病院や薬局を選んだほうが良いです。インターネットの口コミや本などで取り上げられるところを参考に探してみるのも良いかもしれません。

 

【保険治療の範囲内とならないこともある】 

 

漢方を専門としている病院では、保険治療とはならず自費診療となるので、費用面で余裕があるようであればおすすめはできます。そのため、自費診療では負担が大きいという方は保険適用範囲内で漢方を処方してくれるクリニックを選択することをおすすめします。

 

 

漢方を中心とした治療をしていくと、うつ病だけでなく体全体のバランスも整えることもできます。例えば虚弱傾向であったり、逆に肥満傾向であったりするものが改善されることもあるので、ゆくゆくは薬に頼らない生活をしていきたいという方にはうってつけの治療薬と言えるかもしれません。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/201229photo257post-1943.html])

著者: lulaさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

漢方に関する記事

うつ病に処方される漢方薬

    普通、漢方薬を処方する際は、その方のタイプを分け、その方に合った漢方を...

ねむい、だるい、おもいに心当たりがあれば、加味帰脾湯

  仕事へ行けてはいるけれど、不眠気味、だるい、体が重いという症状が長く続...


うつ病に効果アリ?の漢方薬

    うつ病を抱える患者数は年々増えています。 職場環境や人間関係、...

うつ症状が重い方向けの漢方薬

      うつ病の方に漢方薬を処方する場合は、その方のタイプを2つに分けて...

カラダノートひろば

漢方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る