カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 予防接種(ワクチン) >
  4. 妊婦 >
  5. 妊娠中の水痘に注意!先天性水痘症候群になる可能性が?!

健康診断・健康管理

妊娠中の水痘に注意!先天性水痘症候群になる可能性が?!

 

 

妊娠前時の血液検査で行う検査として、良く聞かれるのは風疹の抗体です。

それは妊娠中に風疹にかかると、胎児が先天性風疹症候群になる可能性が高いからです。

そして、風疹の次に心配されるものとして水痘(水ぼうそう)があります。

 

◎水痘(すいとう)について


水痘とは俗にいう「水ぼうそう」のことをいい、帯状疱疹(ヘルペスウイルス)の感染によるものです。

感染経路は、主に空気感染と飛沫感染ですが、水疱液などの接触感染もあります。非常に強い感染力がありますので注意が必要です。

潜伏期は2週間程度(10 ~21日)で、全身に直径3~5mm程度の盛り上がった紅い発疹が現れます。

発疹は数日かけてどんどん出現し、水疱(水ぶくれ)になり、膿疱(水ぶくれに膿がたまってくる)から痂皮(かさぶた)の順に変化してようやく治ります。

 

この発疹をきちんと治療しないと、後に消えない痕が残ることがあるので注意が必要だとされています。

 

妊娠初期(8 - 20週目)に、妊婦がこのヘルペスウイルスに感染すると1~2%程度の胎児に、「先天性水痘症候群」が起こるとされています。

 

◆先天性水痘症候群とは◆

◎脳炎

◎四肢の形成不全(奇形)

◎小頭症

◎低体重出生

◎白内障

部分的筋肉萎縮

 

分娩の前1週間以内に妊婦に水痘の症状が出た場合、赤ちゃんに感染し、重症化する恐れもあります。

感染力が強いため、日本人は成人の約95%が抗体を持っているとされていますが、水ぼうそうにかかったことのない人は抗体がないので注意が必要です。

 

◎その他に検査しておきたい感染症

*B型肝炎
*トキソプラズマ
*クラミジア
*淋菌
*梅毒
*HIV
*C型肝炎


……などがあります。

予防接種後の避妊期間は約1~2ヶ月になりますので、すぐに妊娠しないように気を付けましょう。

 

他に麻疹おたふく風邪などの抗体も調べることがありますが、これらはどれも妊娠中に感染すると、治療が限られてしまいます。

そのため、是非妊娠を考えている方は、妊娠前にこれらの検査を是非受けておくことをオススメします!

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/09/25-370331.php?category=290
)

 

 

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊婦に関する記事

妊婦がかかると危険!インフルエンザワクチン接種の重要性

妊婦として、インフルエンザには気をつけなければいけませんが、インフルエンザの予...

風疹から胎児を守る

妊娠中に感染症にかかると、高い確率で胎児に影響がでるとされています。感染症を...


妊娠中の風疹にご注意!風疹の抗体価検査

「首都圏をはじめとして、国内で風疹が大流行しています。」というニュースを聞い...

インフルエンザ予防接種を受けたいけど心配!妊娠中の予防接種はOKって本当?

  インフルエンザなどの流行病から妊娠中の身体を守るにはどうすればよいので...

カラダノートひろば

妊婦の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る