カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. マッサージ >
  4. 腰痛・肩痛のための電気治療!

健康診断・健康管理

腰痛・肩痛のための電気治療!

腰の痛みや肩の痛みなどの症状があった場合に、接骨院での治療を受けることがあると思います。整形外科や接骨院では、通常の治療を受ける他に電気治療を行うことが多くあります。

 

ではなぜ電気治療を行うのでしょうか。そして電気治療にはどんな種類があるのでしょうか。

 

◆接骨院でまず電気治療を施す理由

腰痛や肩の痛みなどの痛みは、痛みの信号を脳が受け取ると、患部に痛みを感じることで周辺の筋肉が緊張してしまいます。筋肉がこわばってしまうと血管も収縮してしまい、血行が悪くなってしまうわけです。そのために痛みが増強するという悪循環が起こってしまいます。

 

電気治療は、患部周辺の筋肉などに電気を流すことで、緊張状態をほぐすことが目的です。

 

整形外科や接骨院などで行われる電気治療は主に低周波治療というものですが、最近は電気治療も進化し、様々な電気治療器が実用されています。

その電気治療器により、効果も色々と違うようです。

 

◎干渉波治療器(低周波治療器を含む)

血液の流れをスムーズにし、マッサージ効果で筋肉の緊張をほぐしていきます。身体が重く感じるような時や筋肉のリハビリ効果があります。

 

*直流電波

直流電波は、痛みの治療に非常に効果が高いといわれています。

 

*非常に高い周波数

通常の低周波治療器が約1~500Hzの周波数なのに対して、40,000Hzという非常に高い周波数を持っている治療器があります。これは筋肉の深いところまで直接電気を送り込むことができ、より強い効果があるとされています。 

 

◎マイクロ波治療器

超短波エネルギーが身体の深部に達して熱を発生させ、痛みのある部分を直接温める温熱効果により治療します。

 

◎トリガープロ

ガン式の局部的な治療器です。スポーツ選手の痛みや急性の症状に力を発揮します。

 

この電気治療を行う時、電気の強さとしては弱すぎると治療効果は上がりませんが、逆に強すぎると痛みが増してしまう危険性があるので、電気治療は不快に思わない程度がちょうど良いとされています。 

 

最近は痛みに対する電気治療の研究も進み、いい治療器がたくさん出てきているようです。

 

 

ご自分の症状に合わせた治療をしてもらうために、症状を良く説明し、それぞれの電気治療器の中から適切なものを組み合わせて、より効果的な治療をしてもらってください。

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

マッサージに関する記事

トムソンテクニック、アクチベーターって何?様々なカイロプラクティック

    カイロプラクティックはその100年余りの歴史の中で様々なテクニックが...

実はあまり知らない…お灸の効果って?

  お灸は、その昔遣隋使や遣唐使が中国から持ち帰ったという、伝統中医学のひとつ...


肩こりと電気治療!電気治療器の訪問販売には気をつけよう

    肩こりの原因は人それぞれですが、パソコンやテレビ、携帯電話と、現代社...

東洋医学的にみた下痢とは

   疾患や細菌を原因としない単純性下痢や心因性下痢といった症状は鍼灸治療...

カラダノートひろば

マッサージの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る