カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. マッサージ >
  4. 整体 >
  5. どちらに行けばいい?接骨院と整骨院、その他の医院の違いについて

健康診断・健康管理

どちらに行けばいい?接骨院と整骨院、その他の医院の違いについて

 

 

肩こりや腰痛でマッサージに行きたいなと思ったとき、ふと「接骨院」や「整骨院」などの看板を目にします。

でも、この二つは違うのかそう疑問に思ったことはないでしょうか。

 

実のところ、この二つは同じです
接骨院や整骨院を営むためには、まず資格として、国家資格の「柔道整復師」をもっていることが必要で、その資格を持っていれば、「接骨院」もしくは「接骨院」として開業ができます。


 
◎接骨院や整骨院は何をするところなのか


1.急性の外傷性の骨折(ヒビが入った場合も含む。)

2.脱臼(関節がはずれた場合。)

3.打撲(打ち身。)

4.捻挫(関節部分ですじを違えた場合。)

5.挫傷(筋肉がすじ違いを起こした場合。)

 

上記の場合にに治療を行う場所です。

接骨院・整骨院で健康保険が使えるのは、上記の場合のみです。

脱臼又は骨折に対する施術は、医師の同意が必要です。(ただし、応急手当をする場合はこの限りではありません。)
単なる肩こりや腰痛、筋肉疲労に対する施術については、健康保険は使えませんので注意が必要です。

 

 

◎外科や整形外科とはどう違うのか?


外科や整形外科では骨折などで手術が必要な場合に、以下のことができます。


1.観血的外科手術  (メスを使った外科手術)
2.非観血的外科手術 (皮膚内で起きた骨折や脱臼を治療する) 

 

外科では、1.の観血的外科手術を行うのに対して、接骨院や整骨院では、2.の非観血的外科手術 を行うという点が違います。


接骨院や整骨院では、骨折と思われる所見があったとしても、レントゲンを撮ったりギブスを巻いたり、薬を処方したり、注射することはできません。

骨折の可能性が強く、レントゲンを撮影してから正確な整復が必要だと思われる場合は、速やかに整形外科を受診してください

(接骨院には、通常、近隣に治療提携をした整形外科があるはずです。良心的な接骨院であれば、すぐに整形外科を受診するように勧めてくれるはずです。)

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/04/15-377728.php?category=4
)

 

 

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

整体に関する記事

整体の種類も様々!お店選びのコツは?

整体、接骨、カイロプラクティック……一体何がなんだかわからない……。 良く...

肩こりと電気治療!電気治療器の訪問販売には気をつけよう

    肩こりの原因は人それぞれですが、パソコンやテレビ、携帯電話と、現代社...


流行の「骨盤ダイエット」 ホントにゆがみは強制されるの?

    骨盤のゆがみを矯正すると痩せる。そんな噂をどこかで耳にしたことはあり...

カラダノートひろば

整体の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る