カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯槽膿漏 >
  5. 日ごろの歯磨きとメンテナンスで、歯槽膿漏を予防しよう!

気になる病気・症状

日ごろの歯磨きとメンテナンスで、歯槽膿漏を予防しよう!

大切な歯を守るためには、ご自身による予防が大切です。

しっかり予防を行って、大切な歯を守っていきましょう!

 

歯槽膿漏を防ぐには?

歯槽膿漏(歯周病)を予防するためには、「プラークコントロール」と「定期的な歯科でのメンテナンス」が大切です。

どちらか一方でも欠けてしまうと、あなたの歯を守ることはできません。

 

プラークコントロールってなに?

プラーク(歯垢)は食べカスではなく、細菌の塊のことです。この細菌が発生させる酸や毒素虫歯や歯周病、歯槽膿漏の主な原因となります。

 

つまり!

このプラーク(歯垢)を減らすことが大切、というわけなのです。

 

じゃあ具体的にはどうしたらいいの?

大切といわれても、実際にはどうしたらよいかわかりませんよね。ではここからは、体的な予防法をご説明します。

 

歯磨きはもちろん大切です!

 

でも実は、歯磨きだけでは十分にプラークを落とすことはできないのです…。

つまり、ちゃんと磨いていても虫歯になってしまうのは、仕方がないことだというわけですね。

 

そのため、しっかりとしたプラークコントロールを学ぶことが歯を守ることにつながるのです。プラークコントロールは歯磨き以外にも、

 

・デンタルクロスや糸ようじなどによる歯磨き

・口腔内洗浄液によるうがい

・糖分を控える

・歯科での歯垢除去

などが挙げられます。

 

これらのプラークコントロールだけではなく、歯科での定期的なメンテナンスが大切です。ご自身の大切な歯を守るためにも、毎日の正しいケアを心がけてくださいね。

 

 

 

 

 (photo by //www.photo-ac.com/main/detail/1429?title=)

 

 

著者: nnayaさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯槽膿漏に関する記事

歯槽膿漏で痛みを感じるなら重症の可能性が高い!

  歯槽膿漏は歯周病の最終段階と言われており、歯槽膿漏がひどくなると歯が抜...

歯槽膿漏で歯が痛い!歯槽膿漏の痛みにできる応急処置ってどんなことがある?

  歯槽膿漏で歯が痛い場合、痛みど止めの効果があまりないことを知っているでしょ...


歯槽膿漏の治療の流れと必要な期間について

  歯槽膿漏は歯の土台である歯茎がどんどん上がっていく、歯が長くなったよう...

歯槽膿漏は完治しないって本当?

  歯槽膿漏は歯を失う可能性もある病気です。歯は歯肉の上に成り立っていますが、...

カラダノートひろば

歯槽膿漏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る