カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 数値記録 >
  4. 血糖値記録 >
  5. 覚えておこう!血糖値測定器の購入と健康保険の適用範囲って?

健康診断・健康管理

覚えておこう!血糖値測定器の購入と健康保険の適用範囲って?

糖尿病の診断がある・ないに関わらず、何らかの理由で血糖値を自分でチェックしなければいけない状態になったとき、さて、血糖測定器やその備品はどこで購入したら良いのでしょうか。

 

血糖値測定器の入手方法

血糖値測定器は、以前は薬局で取り扱っていて、やや高価ではありましたが普通に購入できました。

 

しかし、平成17年4月から「高度医療器具」として認定されたため、販売するためには「高度医療器具販売業」の資格がないと取り扱うことができなくなりました。

 

そのため、最近ではインターネットで注文したり、病院からパンフレットをもらって通信販売で購入するなどの手段がメインとなっているようです。もちろん、高度医療器具販売業の資格がある薬局では、店頭で購入可能です。

 

血糖値測定器の価格

血糖値測定器本体は、1万円~1万5千円はします。インターネットでは円高のタイミングなら、海外メーカーの物は格安(1/3程度の値段)で購入できる場合もあるようです。

 

しかし、日本語の使用説明書が着いていなかったりするので、使い慣れた物を購入する程度に留めて置いた方が良いかもしれません。

 

保険適用の条件

コストのかかる血糖値測定器ですが、インスリン治療を受けている患者さんは健康保険が適用される場合があります。保険が適用されるのは、指定された1日の測定回数に必要な穿刺針の本数とセンサーチップのみです。

 

血糖値測定器本体や穿刺器具も適応の対象になる場合がありますが、機種によっても違いますので、詳しいことは病院の窓口で聞いてみると良いでしょう。

 

 

また、消耗品の購入にかかった費用については、確定申告の「医療費控除」の対象になりますので、領収書は忘れずに保存しておきましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血糖値記録に関する記事

血糖値測定器の正しい使い方

    糖尿病と診断され、いざ血糖値測定器で自己測定を始めても、測定に慣れる...

血糖値の異常の見極め方

    糖尿病などの持病があり、ご自分で血糖値を測定した場合、自己血糖測定器...


糖尿病の治療と向き合うために…血糖自己測定(SMBG)で予防しよう

    糖尿病と診断された方、特にインスリン治療を必要とする方は、わざわざ医...

血糖値測定器の上手な選び方って?

    自己血糖の測定は、自己血糖測定器を購入し、その機械で血糖値を測定しま...

カラダノートひろば

血糖値記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る