カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 肺がん >
  4. 男性の死亡率NO.1、女性の死亡率NO.2!肺がんの死亡率

ガン・悪性腫瘍

男性の死亡率NO.1、女性の死亡率NO.2!肺がんの死亡率

ahai02_002650.jpg

肺がんとは肺に発生するがんでのことで、早期発見が難しいがんとも言われています。
世界の死亡者数は、2005年の統計によれば130万人です。
そんな肺がんは、最近日本国内でも死亡者が多いがんとして知られています。


●40年で7.5倍の死亡率


厚生労働省が提供している人口動態統計の男性のがんによる死亡率の推計を基にしてみましょう。
1965年には10万人当たり10人の死亡率だった肺がんが、2005年には10万人当たり75人に増えています。
たった40年の間に、肺がんだけが死亡率の推計において異様なほど右肩上がりになっています。
ちなみに女性の場合は、1965年と2005年を調べてみると5倍程度の上がり方です。

●2010年は死亡率ナンバー1のがんに


同じく厚生労働省の人口動態統計から見てみると、2010年に気管、気管支、肺のがんによって死亡したのは、男性で50395人、女性で19418人となっています。
男性では死亡率ナンバー1、女性でも死亡率ナンバー2のがんが肺がんです。


●早期発見、治癒が難しい


肺がんは発見しにくいがんで、気づいたときには手遅れという場合もあるようです。
だからこそ死亡率が高くなっているとも言われています。
ちなみに肺がんの初期症状は息切れ胸の痛みなどです。
一見すると風邪や気管支ぜんそくなどの症状に似ていることから、放っておいてしまう人も多いのが問題です。


(Photo by //www.ashinari.com/2009/07/23-025138.php )

著者: rabiさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肺がんに関する記事

肺がんの初期症状は特有のものがない?早期発見が重要!

  近年では肺がんが原因で亡くなる人が、年間7万人を超えているとのことです...

肺がんの分類 腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん…何が違うの?

肺は呼吸を行い、空気中の酸素を取り込んで血液を通じてからだの細胞に酸素を供給...


肺がんのステージ分類とは?

  肺がんは早期発見をすれば治療は難しくない病気ですが、その早期発見が難しいた...

カラダノートひろば

肺がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る