カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 副甲状腺機能低下症 >
  5. 妊娠中の潜在性甲状腺機能低下症に気をつけよう!

気になる病気・症状

妊娠中の潜在性甲状腺機能低下症に気をつけよう!

潜在性甲状腺機能低下症という病気をご存知でしょうか?

この病気は、慢性的に甲状腺ホルモンの分泌が低下することによって起こる、軽度の甲状腺機能低下症のことをいいます。 

 

妊娠中の潜在性甲状腺機能低下症に気をつけよう!

健康診断などで、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の値は高値になっているが、甲状腺ホルモンの2種(T3、T4)の値が正常である場合がこの病気であると考えられます。

 

では、軽度であるのに、なぜこれが問題なのかというと、甲状腺ホルモンとは簡単に言えば「新陳代謝を活発にするホルモン」であり、子供などにとっては成長ホルモンの分泌を促す重要な役割を持っています。

 

T4は、妊娠中に胎盤を通じて胎児に送られ、神経細胞を構成する作用を持っているとも言われています。

実際、この病気に対し議論されているのがアメリカです。

 

潜在性甲状腺機能低下症とヨードの摂取

アメリカではT4の元になるヨード(海草などに多く含まれる)の摂取が少ないため、潜在性甲状腺機能低下症の発症率が日本より多いそうです。

妊娠中にこの病気であったお母さんから生まれた子は、知能指数が平均より下回っているという報告もあるそうです。

 

逆に日本において気をつけなければいけないのは、ヨードの過剰摂取です。

和食にはヨードを含む食材が洋食に比べて多いため、食材を少しするようにしましょう。

過剰摂取によっても、潜在性甲状腺機能低下症は引き起こされます。

 

<ヨードの含有が多い食品>

基本的には海藻類に多く含まれています。

・昆布、昆布の加工品

・(昆布だしが使われているもの)合わせ調味料、醤油、味噌、酢

・ひじき、わかめ、のり、トコロテン、もずく

・(昆布エキス入り)昆布茶、十六茶、スポーツ飲料、カロリーメイトドリンクなど

 

妊娠中の甲状腺機能低下症治療薬

前述のように、妊娠中に潜在性甲状腺機能低下症であると分かった場合、速やかに甲状腺ホルモン剤を服用する必要があります。

6ヶ月以内というのが投与期間の目安のようです。

 

治療薬…T4製剤(サイロキシン):

脳の発達、器官の成長、発育促進、熱産生、脂質・糖質代謝

などの作用がある。

 

甲状腺機能低下症の症状は、倦怠感や寒気、筋力低下、皮膚乾燥などが出てきますが、潜在性のような軽度の症状であると、多少疲れやすさは感じるかもしれませんが、なかなか自覚症状がないまま過ごしてしまうことが多いようです。

 

しかし、微量ではあってもT4が減少すると、胎児に影響が残ってしまう、ということを考えると、もう少し甲状腺ホルモンの値に気をつける習慣をつけることに越したことはありません。

 

健康診断表がお手元にあれば、「TSH」「FreeT3」「FreeT4」の数値を確認してみてください。

また、食品に含まれるヨードの含有量をチェックするようにしましょう。

身近なところから対策を考えていきましょう! 

 

(photo by://pixabay.com/

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-15掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

副甲状腺機能低下症に関する記事

こむら返りが止まらない…副甲状腺機能低下症!?

    カルシウムは骨の材料になるだけでなく、筋肉が収縮・弛緩するときに...

そのだるさは「甲状腺機能低下症」から来ているかもしれない?

  そのだるさは「甲状腺機能低下症」から?    甲状腺機能低下症とい...

カラダノートひろば

副甲状腺機能低下症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る