カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 唇の周りに水疱が!もしかして、口唇ヘルペス!?精神的な症状「幻臭」とは。生理中の口臭は女性ホルモンの影響?!

気になる病気・症状

唇の周りに水疱が!もしかして、口唇ヘルペス!?精神的な症状「幻臭」とは。生理中の口臭は女性ホルモンの影響?!

 

なんだか唇がかゆい、ピリピリする…。

もしかしたら、それって口唇ヘルペスかもしれません。

口唇ヘルペスとは一体どんなものなのか、簡単にご説明しましょう。

 

口唇ヘルペスってなに!?

単純ヘルペスウィルスが原因で発症する感染症の事です。

口唇の周囲に小さな水疱(水ぶくれ)が多数みられるのが特徴です。

 

どうしてなるの?

ヘルペスウィルスに感染することが主な原因ですが、風邪を引いたり、発熱したり、紫外線を浴びたりした事が誘因となって出来ると言われています。

 

別名「熱の華」や「風邪の華」とも言われています。

 

どうやって治すの?

症状が軽い場合は抗ヘルペスウィルス薬を塗って治します。

しかし症状がひどい場合には抗ヘルペスウィルス薬の内服や場合によっては点滴をすることもあります。

 

うつるの?

 

感染します。

 

口唇ヘルペスは子供の頃に感染している場合が多いと言われています。

それを潜伏感染と言い、ウィルスは三叉神経節と呼ばれるところに一生居続けます。そして体調が悪くなることで、再発を繰り返すのです。

ですから、移ったとしても気付かれない場合もあるという事です。

 

 

口唇以外は大丈夫?

いいえ、他にも感染することはあります。

 

口唇ヘルペスは口唇に発症した場合を指すだけであり、他にもヘルペス性口内炎、性器ヘルペス、ヘルペス性内膜炎、殿部ヘルペスなどです。

水疱が枯れてしまった後の確定診断はし辛いとのことです。

 

 

ピリピリ、チクチクを伴う水ぶくれが出来たら、時間をおかずに早急に受診することをオススメします。

 

 

強迫神経症のひとつ!精神的な症状「幻臭」という口臭

本来口臭というのは、何らかの原因(口内疾患・胃腸疾患・糖尿病など)があってするものですが、まれにそれ以外の場合もあります。

 

それは、明らかに臭いの元となるものがないのに臭いを感じる「幻臭」という精神的な症状のひとつです。

これは自臭症とも呼ばれ、嗅覚に幻覚が発生しているもので、精神科では妄想や幻聴に次いで多いとされる症状です。

 

もともとの性格が几帳面で神経質な方に多く、自己臭恐怖症として強迫神経症のひとつとして認識されています。

統合失調症の方の、幻聴や体感幻覚に付随して起こる場合もあります。

 

幻臭を訴える方の多くは自分の口臭です。それ以外にも体が臭うという訴えもありますが、口臭が明らかに多く、会話する際の特徴は、自身の口臭を気にして手やハンカチで口元を覆い隠したり、マスクをしたりしています。

面接の際も、「臭くてごめんなさい」などと第一声にいうことが多く、周りの人が自分の臭いを不快に感じているという認識があるようです。

 

自己臭恐怖症の方は、臭いに異様に敏感ですから、常時歯磨きをしたり、マウスウォッシュを頻回に使用したりしています。

そのため、実際には口臭がしているという事実はないのですが、本人はかなりの悪臭があると自覚しているので、その幻臭が理由で人付き合いが悪くなります。

 

臭いのせいで自分は嫌われている、どうしようもないと思うことから外出を控え引きこもりがちになったりするため、うつ病を併発するケースが多く認められます。

 

悩みをだれにも理解してもらえないため、ひどいケースは自殺に至ります。

何をしても口臭が改善しない、他人は臭いはしないといってくれるが、それは自分に遠慮しているから素直に言ってもらえないんだという方は、実は自己臭恐怖症というものに陥っている可能性があります。

 

もし、身近にそういう方がいらっしゃる場合、もしくはご自身に心当たりがあるという方は、症状がひどくなる前に専門家に相談してください。きっと解決策がみつかります。

 

 

口の中や舌を噛む!原因はストレス以外にもあった!

「自分の口の中や舌を、噛んでしまった!」そのような経験はありませんか?

血がにじむほど、おもいきり噛んでしまった時の、あの痛さ!経験したことのある方は、きっと多いと思います。

 

でも、なぜそういったことが起こるのでしょうか?

 

◆ストレスが原因?

顎口腔(がくこうくう)系を専門とする研究者の間でも、どうして口の中を噛んでしまうのかという明確な理由は未だに明らかになっていません。しかし、経験的に「こういうときに口の中を噛みやすくなる」というものはあるそうです。

 

例えば、体調があまり良くなく、普段はスムーズに行われている口の中の動きができなくなる、など。

 

人間は一度舌などを噛むと、その噛んだ時の痛みを記憶し、無意識のうちに噛まないように体が制御する動きをします。

 

しかし、その無意識のうちに行っている制御が出来ないほどに疲れていると噛んでしまうのです。それほどに脳が疲れているのかもしれません。

 

◆ストレスや疲れ以外にもある原因

上記のような、体調不良や疲れているとき以外では、歯並びの悪さが原因になることもあります。というのも食生活の変化により、硬いものを噛むことが少なくなってしまった現代人は、昔の人に比べ、アゴがシャープになっています。

 

アゴが細くなれば、歯が並ぶスペースも狭くなるものの、歯の大きさ自体は変わらないために、結果的に歯並びが悪くなってしまいます。そうなると、おのずと歯並びが悪くなり、舌や唇を噛む恐れが高くなってしまいます。

 

口の中を噛んでしまう原因としては、上記のようなことが挙げられます。

また、顎関節のズレなどによっても、口の中を噛みやすくなってしまうようです。

 

何度も何度も噛んでしまうようでしたら、一度かかりつけの歯科医さんに相談されることをおすすめします。

 

 

生理前、生理中の口臭は女性ホルモンの影響?!~女性ホルモンのバランスの変化~

女性にとっては、毎月の付き合いとなる生理。ひと月の中でも女性ホルモンがさまざまにバランスを変化させ、その周期をつかさどっています。ホルモンの変化に伴い、体にもいろんな症状があらわれます。生理前にはPMSと呼ばれる強い腹痛や頭痛、気分の落ち込みなどの症状があらわれるという人もいるでしょう。さらに嬉しくない症状として、生理中には「口臭」が強くなる場合があります。

 

■免疫力の低下によるもの 

生理中は何だか口臭が強くなる気がする…と気になっている人、それは気のせいではないかもしれません。生理中は女性ホルモンのバランスの変化により、免疫力が低下しています。生理前から生理中にかけて口内炎ができやすくなったり、風邪をひきやすくなるという経験がある人も多いでしょう。口の中も例外ではなく、歯や歯肉が菌に対して弱くなりがちです。歯周病や歯肉炎などにかかりやすく、それが口臭の原因となってしまうことがあります。また、胃腸の働きが低下し、消化不良などから体臭が発生しやすくなり、それが口臭として口から放出されてしまうということも考えられます。

 

■口の中の乾燥によるもの

さらに、生理中は女性ホルモンの作用により唾液も減少し、口の中が乾燥しやすくなります。唾液には菌を洗い流したり殺菌したり、酸を中和するなどの重要な役割がありますので、減少してしまうと虫歯や歯周病、歯肉炎にかかりやすくなります。これも口臭を発生させる一因となります。

 

 

対策としては、口の中が乾燥しないよう水分をとって潤しておいたり、ガムをかんで唾液の分泌をうながしたり、マウスウォッシュでこまめにうがいをするなどの方法があります。歯だけでなく、舌の汚れも落とすようにしましょう。なんとかケアを頑張って、この時期をやり過ごしていきましょう。

 

(photo by http://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=25305&c_id=)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-15掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口腔内に関する記事

親知らずを抜いたら知覚過敏になった?!虫歯以外の可能性はあるの?知覚過敏と虫歯の違いとは

よく親知らずの歯を抜いたら、奥歯がしみるようになってしまったという相...


アフタ性口内炎は疲労による免疫力低下が原因

  口内炎にもいくつかの種類がありますが、口の中を噛んで傷つけることを原因...

なんだか風邪をひきやすい…もしかして口呼吸していませんか?口呼吸はなぜ良くない?口呼吸の恐ろしい症状!!

何だか風邪をひきやすい、冬はもちろん、乾燥していない時期でものどイガイガしが...

カラダノートひろば

口腔内の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る