カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後うつ >
  5. 妻が産後うつになったら…どうすれば良い?産後うつの原因・症状・予防法

妊娠・出産

妻が産後うつになったら…どうすれば良い?産後うつの原因・症状・予防法

出産後の女性は、うつ病になりやすい事を知っていますか?出産した女性の10%~15%が産後うつになると言われています。産後うつは、放置しておくと取り返しのつかない、大変な事態を拭き起こす可能性があります。

今回は出産される妊婦さんはもちろんのこと、生まれてくる子供の父親になる夫の皆さんにも是非とも知っていてほしい「妻に起こるかもしれない、産後うつ」について紹介します。

 

産後うつは産後に誰しもなる可能性がある

出産が終わると、ホルモンバランスの変化が急激に起こることで、心にさまざまな影響が及び、産後うつになってしまうと言われています。

そのため、出産した女性は誰でも、産後うつにかかりうる可能性を持っているのです。通常、産後うつは、産後2週間~3週間以降に発症し、期間は数か月~長くて1年以上、続くこともあります。 

 

産後うつの症状

これのような症状があれば「産後うつである」と、はっきりと言い切ることはできませんが、症状としては以下のようなものが考えられます。

 

通常のうつ症状と同じような症状が出る

まずは、通常と同じようなうつの症状がでます。「何もやる気が起きない」「生きているのがつらい」などといった気分の落ち込みや不安感、些細なことでイライラする、不眠、食欲不振などといった症状です。

今まで出来ていたことが出来なくなってしまったり、授乳の時間に縛られて自分を追い込んでしまうこともあります。また、下痢や便秘、胃の痛みや、頭痛、脱毛や、脱力感などの身体的症状が出て来ることも。

   

産後うつの特徴は「育児不安」によるものが大きい

そして、産後うつで特徴的なのが、育児に対して悲観的になることが挙げられます。育児がうまくいかないことに自分で自分を責めてしまったり、赤ちゃんが泣きやまないと自分がダメな母親のように思えたりするのです。

その結果、赤ちゃんに愛情が持てなくなり「自分は母親失格なのではないか」とか「赤ちゃんは自分を母親と思っていないのではないか」などといった自信喪失、自己嫌悪へと繋がっていきます。

  

また、赤ちゃんが咳き込むんだだけで「何かの病気なのではないか」と過剰に反応しすることも。これらの育児のことを人に相談できず、孤独感を感じることもあります。他にも育児に神経質になったり、育児放棄をしてしまったりなども産後うつの可能性があります。

少しでも様子がおかしいと感じたら、早めに医師や子育て支援センターに相談しましょう。相談することで、悪化を防ぐことができます。

 

産後うつの原因

産後うつの原因は一つではありません。いくつかの要素が重なると発症する可能性が高いといわれています。例えば、下記のような原因が挙げられます。

 

・産後のホルモンバランスの乱れ

・もともと性格が真面目で完璧主義なタイプ

・責任感の強いタイプ

・頑張り屋さんタイプ

・産後の慣れない生活環境の変化

・不眠不休の育児による疲れ

・自分の時間が取れない

・一人ぼっちで頑張っている孤独感

・社会から取り残されている孤独感

・夫に対する不満

・産後の生活に夢を描いている人の現実とのギャップ

・周りからのプレッシャー 

 

産後、自分の体調がある程度落ち着くまで、家族の協力を得られれば、負担が軽減されることが期待できます。しかし、核家族化が進んで夫婦のみの世帯では、家族による育児の協力が得られにくいため、一人で抱え込んでしまうケースが多く、耐えきれずに産後うつ病になる人が増えているようです。

  

産後うつを予防する方法

それでは、産後のうつを予防するにはどうすればよいのでしょうか。母親自身で予防できることを4つ紹介します。

 

1.育児はおおらかに、自分のペースで 

赤ちゃんは言葉も話せず、泣くことしかできません。いくら母親でも全てを満たしてあげることはとても難しいのです。赤ちゃんが泣く時は「オムツ、オッパイ、睡眠」のどれかだと言われますが、それらを満たしても泣き止まず、体調にも問題がない時は、「体力が余ってるのね」「泣きたい気分なのね」ぐらいのおおらかな気持ちで接しましょう。

 

子供のために、まじめに真剣に完璧に育児をしようとするママほど、産後うつになりやすくなります。多少ズボラでも、適当に息抜きして、自分のペースを保てるようにすると良いでしょう。

  

2.泣き声に動じない

赤ちゃんが泣くことで焦ったり、赤ちゃんの泣き声が耳についてイライラしてくるなど、赤ちゃんの泣き声がストレスになるケースも多いようです。「赤ちゃんは泣くのが仕事」と焦らず落ち着いて対応したり、「泣いて体力を消耗したら寝る」と思って待っていれば、自然と慣れてきて、動じなくなるでしょう。

 

3.ひとりになる

思い切って赤ちゃんをご家族に預けて出かけてみてください。自然の多い公園でぶらぶらするものいいですし、買い物をするのもいいでしょう。少し1人になるだけで気分転換になります。預ける家族がいなければ、行政のサポートや民間のサポートを使う手もあります。

 

4.悩みを第三者に話す

家族には話せなくても他人には弱いところを見せられるということありますよね。同じ子どものいるお友達や地域の子育てサロン、地域の保健師さんや、お医者さんのカウンセリングなど、とにかく誰でもいいのでつらい気持ちを受け止めてもらえれば、気分がずいぶん楽になるかもしれません。

  

予防には夫のサポートも大切

産後の女性は心身ともにデリケートな時期です。夫として、父親として、仕事を頑張ることももちろん家族を支えるために大切なこと。しかし、上記のことを、母親である妻自身で気づくことができにくいことも事実です。

そのため、夫から妻がどうしてほしいか、をきちんと聞いてあげことが大切になります。話を聞いてもらうことで、頭の中が整理され落ち着いたり、物事を前向きにとらえやすくなることも。

 

家事・育児は母親だけの仕事ではなく、親としての仕事ですので、父親としてどんどん介入していきましょう。

 

産後うつを恥に思わないで

現在、産後うつは3~4割の女性が経験しています。従って決して珍しい病気ではありませんし、先にも述べた通り誰にでも起こりうるものです。

恥ずかしがることではないので、少しでも兆候を感じたら、周りの人や医師にすぐに相談しましょう。

悪化してしまうと、自殺願望が出てくることもあり、大変危険です。そして回復にも非常に時間がかかりますので、早めの治療を心がけてください。

  

「産後うつになったらどうする?」夫である私の経験談

鬱という病気は、心の病気です。一度なってしまうとすぐには治らず、風邪や痛み止めのように薬に頼ることも難しいと言われています。事前に産後うつに対する知識を持ち、未然に防ぐことにこしたことはありません。ここでは私の体験談をご紹介していきます。 

  

私の体験談1.妻の産後うつがわかった時

妻が産後うつになりました。私は仕事も任されるようになり、やりがいを感じていたので、自分のやるべきことは家族のために必死に働くことだと思っていました。

  

無知とは怖いもので、今思えば大変愚かなのですが、妻も産前は働いていて育休中だったので、産後の育児に関しては妻の役割だと任せていました。妻が産後うつになった時は、仕事を休んでいるくせに何をやっているんだと、妻を責める気持ちになったのを覚えています。 

私の体験談2.産後うつをまだ理解しきれない

妻がうつだとは認識しても、実際どうしたらいいのかわからず、以前と同じ生活を続けていました。しかし、仕事から帰ると、日に日に家の中が散らかってくるのです。出産前までは普通にあった食事の用意もありません。そして、赤ちゃんもお腹を空かせてグッタリしている状況になり、愚かな私は、ここでようやく只事ではないと理解したのです。 

私の体験談3.他人に頼ることを知る

精神科クリニックの先生に、妻はとにかく育児をさせずゆっくりさせることが大切と言われ、いかに出産というものが、女性にとって重労働であるかということを知りました。そのため、休日は私が家事と育児を行い、平日はファミリーサポートのようなシステムを利用して、ベビーシッターと家事代行の人を雇うことに。金銭的に厳しい状況でしたが、家族を守るため、と必死の思いでした。

私の体験談4.妻の産後うつが良くならない

自分は、必死で家族を守るためにできることをやっていると思っていたのですが、結果は散々でした。クリニックで処方された抗うつ剤が合わなかったのか、妻は攻撃的でヒステリックになり、ところかまわず怒鳴り散らしたり、子供を叩いたりし始めました。さらには、雇っているシッターや家政婦さんに対しても暴言を吐き、困らせてしまっていたのです。 

私の体験談5.覚悟を決めました

ようやく私は、妻とゆっくり話をすることにしました。すると、妻にとっては知らない人が家にいることも、結局完全には任せきれないことも、ストレスになっている、ということを、初めて知ることとなったのです。つまり、私の努力は明後日の方向を向いていたわけです。自分の思う「ゆっくりさせること」と妻の思う「ゆっくりすること」が違うわけですから、いつまでたっても改善などはしません。

 

妻の思う「ゆっくりすること」を実現すべく、会社の上司に相談し、部署を異動させてもらうことにしました。会社の同僚は同情してくれましたが、当時はまだまだ産後うつについての認識は低く、風当りに心なしか変化があったことは否めません。

私の体験談6.ようやく妻に笑顔が

以前より家にいることが多くなったので、妻の様子もちゃんと見れるように。妻の負担を減らすべく、家事育児はできるだけ自分がすることにしました。そして夫婦二人でゆっくり話をしたり、食事をしたり、テレビやDVDを観たりする時間を増やしたのです。そうすることで外出はクリニック以外控えていた妻も、徐々に穏やかに過ごせる時間が増え、ブラブラと一緒に買い物に行くこともできるようにまで回復していきました。

   

以上の体験談は、特別なことではありません。

誰でも起こりうる可能性があります。父親になった夫は、妻の産後うつが進行する前に、このような状況があることを知り、妻の変化に早く気付けるように心掛けて下さい。

  

産後うつは周りのサポートが大切

産後うつは出産した女性であればだれでも起こりうるもの。決して弱いとかそういったことではありません。妻を産後うつにさせないためにも、夫自身を含め、周りのサポートが大切です。

そして夫のサポートで、特に大切なのが「妻の気持ちを聞くこと」。同時に出産した女性自身も、自分一人で抱え込まず「自分の気持ちを知ってもらう」ように努めることが大切です。言わないと何も伝わりません。

仕事を頑張ったり、家事や育児を分担することも大切ですが、妻の気持ちを知って優先してあげることが、夫だからこそできる一番のサポートなのかもしれませんね。

 

(Photo by: http://www.photo-ac.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-07-20掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

産後うつに関する記事

マタニティーブルーだけじゃない?出産後に潜む発症頻度の高い精神障害とは

女性は妊娠、出産を得て「女性」から「母親」となります。しかし、出産は大仕事。産後...

妊娠した女性の半数が経験するマタニティーブルーとは?

経産婦さんに産後の話を聞くと「産後はなぜかわけもなく落ち込む」「無性にイライラす...

産後の体験談

離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?

生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。 離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。 ハイ...

バギー選びのアレコレ

お座りが出来るようになった7ヶ月頃、バギーを購入しました。 それを3歳頃まで使う気満々で…シンプル...

カラダノートひろば

産後うつの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る