カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後うつ >
  5. 妻が産後うつになったら…どうすれば良い?産後鬱の原因・症状・予防法

妊娠・出産

妻が産後うつになったら…どうすれば良い?産後鬱の原因・症状・予防法

産後うつは、母親なら誰でもなる可能性がある病気です。

まずは原因と症状を理解し、心構えをすることで、できるだけ予防できるようにしましょう。

 

産後うつの原因

産後うつの原因は一つではありません。

いくつかの要素が重なると発症する可能性が高いといわれています。

例えば、下記のような原因が挙げられます。

 

・産後のホルモンバランスの乱れ

・もともと性格が真面目で完璧主義なタイプ

・責任感の強いタイプ

・頑張り屋さんタイプ

・産後の慣れない生活環境の変化

・不眠不休の育児による疲れ

・自分の時間が取れない

・一人ぼっちで頑張っている孤独感

・社会から取り残されている孤独感

・夫に対する不満

・産後の生活に夢を描いている人の現実とのギャップ

・周りからのプレッシャー 

 

産後うつの症状

人によって産後うつの症状は様々です。

少しでも自分の様子がおかしいと感じたら、早めに医師や子育て支援センターに相談することで、悪化を防ぐことができます。

 

以下のような症状は、産後うつの症状の場合があります。

 

・少しのことでイライラしてしまい、自分でコントロールが効かない。

・いつもよりすぐに疲れてしまうことが多い。

・朝、起きれない。

・何事もやる気が起きない。

・食欲が無い。

・子供に愛情がわかない。

・生きていることが辛くなる。

・自分には存在価値がないと思う。 

 

産後うつを予防するには

子供のために、まじめに真剣に完璧に育児をしようとするママほど、産後うつになりやすいと言えるでしょう。

また、赤ちゃんの泣き声がストレスになるケースも多いようです。

 

赤ちゃんは言葉も話せず、泣くことしかできません。

いくら母親でも全てを満たしてあげることはとても難しいのです。

 

赤ちゃんが泣く時は「オムツ、オッパイ、睡眠」のどれかだと言われますが、それらを満たしても泣き止まず、体調にも問題がない時は、「体力が余ってるのね」「泣きたい気分なのね」ぐらいのおおらかな気持ちで接しましょう。

多少ズボラでも、適当に息抜きして、自分のペースを保てるようにすると良いでしょう。

 

はじめは赤ちゃんの泣き声が耳についてイライラしてくるかもしれませんが、「泣いて体力を消耗したら寝る」と思って待っていれば、自然と慣れてきて耳につかなくなりますよ。 

 

産後うつを恥に思わないで

現在、産後うつは3~4割の女性が経験しています。

従って決して珍しい病気ではありません。

恥ずかしいことではないので、少しでも自分で兆候を感じたら、周りの人や医師にすぐに相談しましょう。

 

悪化してしまうと、自殺願望が出てくることもあり危険です。

そして回復にも非常に時間がかかりますので、早めの治療が大切です。

 

「産後うつになったらどうする?」

鬱という病気は、心の病気です。

一度なってしまうとすぐには治らず、風邪や痛み止めのように薬に頼ることも難しいと言われています。

 

事前に産後うつに対する知識を持ち、未然に防げるようにしましょう。

ここでは私の体験談も踏まえ、ご紹介していきます。 

 

妻の産後鬱がわかった時

妻が産後うつになりました。私は仕事も任されるようになり、やりがいを感じていたので、自分のやるべきことは家族のために必死に働くことだと思っていました。

 

妻も産前は働いていて育休中だったので、育児に関しては妻の役割だと任せていました。ですので妻が産後うつになった時は、仕事を休んでいるくせに何をやっているんだと、妻を責める気持ちになりました。 

 

産後うつをまだ理解しきれない

妻がうつだとは認識しても、実際どうしたらいいのかわからず、以前と同じ生活を続けていましたが、仕事から戻ると日に日に家の中が散らかってきて、洗濯も掃除も食事の用意もできていませんでした。

 

それだけでなく、赤ちゃんもお腹を空かせてグッタリしている状況になり、ようやく只事ではないと理解しました。 

 

他人に頼る

精神科クリニックの先生に、妻はとにかく育児をさせずゆっくりさせることが大切と言われたので、平日はファミリーサポートのようなシステムを利用して、ベビーシッターと家事代行の人を雇いました。

 

金銭的にも厳しかったので、私は平日は必死に働き、休日は家事と育児を全てこなしました。 

 

産後うつが良くならず

自分は必死で家族を守るためにできることをやっていると思っていたのですが、結果は最悪でした。

 

クリニックで処方された抗うつ剤が合わなかったのか、妻は攻撃的でヒステリックになり、ところかまわず怒鳴り散らしたり、子供を叩いたりし始めました。雇っているシッターや家政婦さんに対しても暴言を吐き、困らせてしまっていたので、妻とゆっくり話をしました。

 

妻にとっては知らない人が家にいることも、結局完全には任せきれないこともストレスになっていたようでした。結局、私の努力は裏目に出ていました。 

 

覚悟を決めました

人にも任せられず、薬にも頼れないなら、もう自分でやるしかないと心に決めました。会社の上司に相談し、部署を異動させてもらいました。会社の同僚は同情してくれましたが、まだまだうつ病についての認識は低いようでした。

 

朝は起きたら妻の朝食と昼食の支度をし、出勤前に子供を保育園に連れて行きました。定時には会社を退社して子供を迎えに行き、夕飯の買い物をして夕飯を作り、お風呂に入れて寝かせました。

 

妻の体調が良さそうな時は、妻に洗濯物などの家事を頼みましたが、基本的に家事は全部私がやりました。 

 

ようやく妻に笑顔が

以前より家にいることが多くなったので、妻の様子もちゃんと見れるようになりました。二人でゆっくり話をしたり、食事をしたり、テレビやDVDを観たりしました。

 

外出はクリニック以外控えていた妻も、徐々に穏やかに過ごせる時間が増え、ブラブラと一緒に買い物に行くこともできるようになりました。

 

まだまだ回復には時間がかかると思いますが、家族全員が笑って過ごせるように、これからも全力で頑張りたいと思っています。

 

以上の体験談は、特別な夫婦なわけではなく、誰でもなる可能性があるのです。産後うつが進行する前に、このような状況があることを知り、妻の変化に早く気付けるように心掛けましょう。

 

(イラスト: by //kids.wanpug.com/)

著者: moubaa02さん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

産後うつに関する記事

産後育児で落ち込む日々が続いたら・・・「産後うつ」かもしれません

産後は思っているよりも、大変な日々が続きます。赤ちゃんが泣きやんでくれなかっ...

産後うつから脱出!周りが手伝いたくなる魔法の言葉は○○

    産後うつを発症する多くは初産婦だと言われています。初めての子育てはわか...

産後うつの体験談

【出産後の情緒不安定】 産後うつの乗り越え方を伝授!

無事に出産を終えて、自宅に帰り、待ちに待った赤ちゃんとの生活。それなのに、赤ちゃんと二人きりになった...

これって育児ノイローゼ???赤ちゃんのお世話は私一人きり

出産は里帰りし産後はしばらく実家で過ごす・・・ 当たり前のように聞く話ですが私は訳あって初産の時か...

カラダノートひろば

産後うつの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る